チーム紹介

ソッカー部女子について

S__36143123

我々慶應義塾体育会ソッカー部女子は2006年に様々な方のご支援の下創設され、今年で11年目を迎えます。
TEAM2016は関東大学女子サッカーリーグ、関東女子サッカーリーグ共に1部の舞台で戦って参ります。昨年度は、関東大学女子サッカー1部リーグで史上初の勝利を重ね、最大目標であった「インカレ出場」を果たすも、初戦敗退に終わりました。今年こそはインカレで勝ち抜き、最大目標として「インカレベスト4」を目指すことに決めました。また、関東女子サッカー1部リーグは創設史上初の舞台となります。精一杯戦い抜き、「インカレベスト4」に繋がる経験が出来る様、精進して参りたいと存じます。
今年度も温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

チーム概要

■理念

『不可能への挑戦』
互いに認め合い、伸ばし合って、常にチャレンジ精神を持って取り組む。

『積み重なる信頼』
チームメイト・チームスタッフをはじめ、OB ・OG、家族、塾関係者、地域の方々及びチームをサポートしてくださるすべての人、更には未来にサッカーを通じて出逢う人々とつながり、感謝・感動を共有し、信頼を構築する。

『ピッチからはじまる貢献』
塾生である私たちがより強く魅力的なサッカーを追求することで、女子サッカー界の発展、更には社会の発展に貢献する。

■今年度目標

『1部昇格』『早慶戦勝利』

今年度は、「1部昇格」と「早慶戦勝利」を目標としました。
昨年度インカレベスト4を目指しながらも1部から2部に降格してしまった関東大学女子サッカーリーグで、再び1部に戻り、来年以降インカレベスト4を目指せる舞台を整えたい。そんな想いから自分たちが目指せる最高の成績を目標にしました。
また、未だ勝ったことのない早稲田大学に対し、今年こそ勝利すると改めて強い気持ちを持つ為、早慶戦勝利も目標に加えました。
二つの目標を達成出来る様、精一杯頑張って参りますのでご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

■今年度スローガン

『繋ぐ』

今年度のスローガン「繋ぐ」には、様々な想いが込められています。
今年度のソッカー部女子はスタッフが新体制になる等、大きな変化の年と言えます。だからこそ、新しいものを取り入れるばかりでなく、これまでソッカー部女子の積み上げてきたものを、これからのソッカー部女子に繋げていかなければなりません。その為にソッカー部女子の伝統を、「繋ぐ」。
次に、私たちは早慶戦で未だ勝利したことがありません。早稲田大学に勝つことで、OGの方々を始めとする早慶戦へのこれまでの強い想いを、「繋ぐ」。
1部昇格の為には、関東大学女子サッカーリーグを1戦1戦着実に勝利していく必要があります。負けは許されません。1つ1つの勝利を1部昇格に、「繋ぐ」。
そして、未来のソッカー部女子がインカレに出場し、西が丘という舞台に立つ為に今を、「繋ぐ」。
今年度もOB・OGの皆様や保護者の皆様、地域の皆様を始め、私たちに関わり、応援して下さっている方々との“繋がり”を大切にしていきたいと考えておりますので温かいご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

スタッフ紹介

部長

冨田 勝

総監督

福井 民雄

監督

伊藤 洋平

コーチ

並木 杏奈

コーチ

松本 朋子

GKコーチ

佐々木 優

アドバイザー

住田 守弘

アドバイザー

海堀 あゆみ

フィジオセラピスト

三浦 哲哉