チーム紹介

ソッカー部女子について

S__36143123我々慶應義塾体育会ソッカー部女子は2006年に様々な方のご支援の下創設され、今年で14年目を迎えます。
TEAM2019は関東大学女子サッカー1部リーグ、関東女子サッカー2部リーグの舞台で闘って参ります。今年度は、年間最大目標として「インカレ優勝」を掲げています。昨年経験した2度目のインカレでは2回戦敗退という悔しい結果となりました。昨年の悔しさを忘れず、多くの方々への日頃の感謝の想いを体現する為、今年こそ兵庫の地で勝ち進み、西が丘の舞台で優勝を目指してプレー出来る様、精進して参ります。今までソッカー部女子を築き上げてきて下さった先輩方の想いを繋ぐことが出来る様、精進して参ります。
今年度も温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

チーム概要

■ビジョン

『感動を提供する』
『独立自尊の精神を育み、社会をリードする』

今年度から塾ソッカー部女子は、『感動を提供する』、『独立自尊の精神を育み、社会をリードする』という2つのビジョンを掲げました。
勝利の為だけに闘うのではなく、勝敗以上に大切なものを追い求めたい。私たちはサッカーを通して、勝敗以上の新たな価値を創造し、感動を皆様に提供します。
そして、独立自尊の精神に則り部員一人ひとりが自分の判断と責任の下に行動し、社会を先導する存在となることを追求します。
塾ソッカー部女子としての新たな価値を創造する為、『感動を提供する』、『独立自尊の精神を育み、社会をリードする』、この2つのビジョンの達成を目指し、部員一同精進して参ります。

■理念

『不可能への挑戦』
互いに認め合い、伸ばし合って、常にチャレンジ精神を持って取り組む。

『積み重なる信頼』
チームメイト・チームスタッフをはじめ、OB ・OG、家族、塾関係者、地域の方々及びチームをサポートしてくださるすべての人、更には未来にサッカーを通じて出逢う人々とつながり、感謝・感動を共有し、信頼を構築する。

『ピッチからはじまる貢献』
塾生である私たちがより強く魅力的なサッカーを追求することで、女子サッカー界の発展、更には社会の発展に貢献する。

■今年度目標

『インカレ優勝』

TEAM2019は、『インカレ優勝』を最大目標としました。
「多くの方々への日頃の感謝の想いを体現する為、今年こそ兵庫の地でベスト4まで勝ち進み、西が丘の舞台でプレーしたい。」そんな想いを胸に、昨年度は3年振り2度目のインカレで初勝利を挙げることが出来ました。昨年のインカレ2回戦敗退という悔しさを忘れず、更に高みを目指し、今年こそ兵庫で勝ち進み、西が丘の舞台に戻ってきて勝利の若き血を歌いたいと思っております。今年は関東女子サッカーリーグは2部、関東大学女子サッカーリーグは1部での闘いとなります。両リーグ共に厳しい闘いが予想されますが、部員一同精進して参ります。
「インカレ優勝」という最大目標を達成出来る様、精一杯頑張って参りますのでご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

■今年度スローガン

coming soon

スタッフ紹介

部長

冨田 勝

総監督

八木 啓太

監督

伊藤 洋平

コーチ

Kevin Bennewirtz

アドバイザー

住田 守弘

アドバイザー

並木 杏奈

トレーナー

柳田 茉由紗

フィジオセラピスト

三浦 哲哉