リレー日記

2年 岡野史恵

2014.12.25

ホームぺージをご覧の皆様こんにちは。
今回は、オンでは正確無比で冷静なプレーでチームを支え、オフでは慶應を代表して学連の活動に全力を注ぐ姿で皆の原動力となっている、環境情報学部3年梅原那奈さんよりバトンを受け取りました、文学部2年岡野史恵が担当させていただきます。

さて、年の瀬恒例の「今年の漢字」、2014年の日本の世相を表す漢字は「税」でしたが、皆様の1年はどの様なものだったでしょうか。
私はこの1年を「進」という一文字に表します。勿論常に前進し続けていた訳ではなく、時には後退することや立ち止まることもありましたが、確実に前に進むことが出来た1年だったかな、と感じています。

昨年サッカー初心者として入部した私にも、後輩が出来ました。経験者ばかりで圧倒されるんだろうな、という予想とは裏腹に、自分の様な初心者の子達が沢山入部してくれました。サッカーを楽しむ姿や積極的なチャレンジ、少しの時間でも自主練に取り組み上達して行く姿に、私ももっと頑張らなければ、と日々思わせてもらっているし、サッカー経験豊富な後輩達からも沢山のことを教えてもらい、入部してすぐに慶應を背負い、気持ちの込もったプレーをする姿に、私も皆と一緒に試合に出たいと心から思う様になりました。

大学リーグ中、東京大学ア式蹴球部女子に加わって試合に出ることで、「負けない」気持ちの大切さを学びました。助っ人として慶應から参加したものの、開幕から3連敗。毎試合改善は出来ているものの、勝つイメージは遠ざかり、連勝する慶應に在籍していながら、東大としては負け続けていることへの不安が拭えませんでした。そんな中での第4節の試合直前、チームの司令塔から下された指示はこうでした。「今までずっと勝ててなくて、勝ちたい、っていう気持ちが皆強くなってると思うけど、今日は『負けない』と思ってプレーしよう。勝ちたい気持ちは大事だけど、そこに技術で上回る相手が居れば、気持ちだけではどうしようもないこともある。でも、負けない、って思ってプレーすることは自分達だけでも出来るし、そんなプレーが自然と勝ちに繋がると思うから。」この言葉はチームにとって凄く重みのあるものになり、第4節の1-0での初勝利、その後の5戦負けなしに繋がりました。私はこの言葉が大好きになり、慶應のチームスローガンである『まだ、いける。』と同じ様に、この言葉を今も心に留めています。

そして大学リーグの間、慶應での自分の在り方に悩んだ時、下田の体育会棟の管理人であり、第2の父の様な存在である「進」さんに「まず、同期内で、上でも下でもなく、お前は真ん中に居ればいいんだよ。お前はサッカーが下手だけど、サッカーの上手な他の人達に出来なくて、お前には出来ることもあるだろ。真ん中でみんなを繋ぐ存在になれよ。」という言葉をいただき、名門と呼ばれる高校でサッカーに打ち込み、現在も試合で慶應を背負う同期達と自分を比べて落ち込むのではなく、色々な立場の人の気持ちを察することや、自分の頑張る姿で周りに刺激を与えることなど、今出来ることにもっと取り組もう、と思う様になりました。

私には、大好きな同期がいます。
日本語能力には少々難ありですが、献身的なプレーや一生懸命な姿で皆から厚い信頼を集める田中康子、普段は厳しい突っ込みが得意で口数は少なめですが、試合中はしっかりと頼れる司令塔かつ天空塔として慶應ゴールを守る竹内瑞穂。ピッチでは豪快なプレーで観客を湧かせ、最近は慶應の壁どころかアジアの壁と称されていますが、同期内でも最も女子力が高く、細やかで優しい一面も持つ宮田あずさ、そろそろJK(女子高生)という愛称も厳しい頃ですが、色んな人の立場に立つことが出来、試合の流れを変える決定力がある宮川渚。意外とズボラで適当なところもありますが、美しいポーカーフェイスの裏にチームへの熱い気持ちを持ち、安定したプレーを供給する栃木栞、敵を一瞬で置き去りにするボールコントロール、華麗なシュート、更には何でも許したくなる愛嬌を兼ね備えた、陸奥が生んだ天才堀井美月。途中入部ですが、もう彼女の存在はチームに不可欠で、自分はどんなに疲れていても「お疲れ様」「ありがとう」「明日も頑張ろう」と笑顔で選手を労い励ましてくれる森千紘。仕事の早さは折り紙付き、時に掛ける厳しい言葉に深い愛情を込め、同期だけでなく全体を正しい方へと導いてくれる佐藤真依。そして無愛想な真顔と毒舌と技術とフィジカルで敵だけでなく味方をも圧倒しながら、サッカーへの情熱とチームへの愛を強く持ち、目標に対して黙々と取り組む姿を背中で見せてくれる下山田志帆。

同期を始め部員は皆私の小さな進歩を見逃さず、失敗した時には次へのアドバイスを与えてくれます。日々自分を支えてくれるソッカー部女子の皆をどう支え、どう繋ぎ、チームに対してどう動くか。一部昇格を果たした今、益々厳しい戦いに私達は挑戦して行くことになりますが、残り半分のソッカー部生活、自分のやるべきこと、やらなければならないことに更に全力で取り組んで参ります。

東京都リーグ優勝まで、あと1勝。大好きな4年生が笑って終われる様、TEAM2014は「進」み続けます。本年の皆様の温かい応援に心から感謝を申し上げると同時に、2015年も変わらぬご指導ご声援を宜しくお願い致します。ご精読ありがとうございました。

3年 梅原那奈

2014.12.17

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。キレッキレのドリブルのみならず、ピッチ外でのその独特の世界観で誰をも置き去りにしてしまう、環境情報学部2年堀井美月よりリレー日記を引き継ぎました、環境情報学部3年の梅原那奈と申します。

唐突ですが、皆さんは大学女子サッカーの『インカレ』という大会をご存知でしょうか。
きっと他競技では耳にしたことがあることと思いますが、女子サッカー界に於いてはまだまだ知られていない大会であるかと思います。インカレとは、正式名称を全日本大学女子サッカー選手権大会と言い、大学女子サッカー日本一を決める大会です。私はこのインカレに於いて、今年度関東大学女子サッカー連盟の学生幹事として、運営の学生統括を務めさせていただいております。今年度は1月18日の決勝戦で5000人を呼ぶ、という集客目標を掲げて現在多角的に準備を進めています。とは言え、5000人という数字は私達にとってかなり大きなもので、正直なところ、困難も多く抱えている状況です。本当にお客さんを呼ぶことが出来るのかという不安。インカレ開幕が刻一刻と迫っている中で、やるべきことがスムーズに行かないもどかしさや焦り。ミーティングの為にサッカーの練習時間を削らなければいけない悔しさ。マイナス思考になりがちな私は、この様な感情ばかりが先走ってしまいます。しかしそれでも、私にはこのプロジェクトを成し遂げたいという強い思いがあります。

大学1年の時に、これまでサッカーばかりやっていた自分自身の幅を広げたくて、務めることを決めた学連という役職。最初はひたすら自分の為だけに仕事をしていました。しかし、裏方で働く沢山の人の姿を見て運営の大切さを知り、組織の為に頑張りたいという思いが芽生えました。サッカーは11人だけでは出来ないのだな、と気付くことが出来た瞬間でした。学連という役職に就いてその様なことに気付き、部の運営に於いても改めて考えさせられる様になりました。多くの時間を犠牲にしてチームを引っ張り続けている主務・副務。常にチームを支え続けてくれているマネージャー。先月まで行われていた大学リーグでは学連として運営陣と普段より密に関わったことで、その存在の大きさを感じ、チームの勝利には運営力というものが不可欠なのだと再認識することが出来ました。また、日頃自分が気持ち良くプレー出来ているのも裏で環境を作り出してくれている人がいてこそなのだと、実感しました。その様な経験から、インカレの舞台でプレーする選手に最高の結果を残して欲しい、最高のプレーをして欲しい。そしてその為の最高な環境を作り上げたいという純粋な思いが募りました。
また、これまで学連活動に対して常に協力的でどんな時でも背中を押してくれるチームメイトの存在なくして、私が学連の仕事をすることは不可能であったと思います。学年やサッカー経験関係なく、一人ひとりの立場や役割を理解し合い、それを認め合えるソッカー部女子の皆に、多く支えられて来ました。だからこそ、慶應の代表としてこの役職を務めている重みがある以上は、責任を持って最後までやり切らなければいけないと感じています。
この様な思いから、私はこのインカレ運営に今の全てを注ぎたいと思っています。最終的な結果がどんなものになっても、その準備には悔いがないと思える様、残り約1ヶ月自分に出来ることを全うして行きます。残念ながら私達ソッカー部女子がインカレに出場することは出来ませんが、このリレー日記を読んで下さっている皆様にも大学女子トップレベルの試合を観に、是非1月18日に味の素フィールド西が丘まで足をお運びいただければ幸いです。
長くなってしまいましたが、チームとしても現在東京都リーグの戦いが残っております。残り2試合勝利し優勝出来る様頑張って参りますので、今後共ご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。ご精読ありがとうございました。

2年 堀井美月

2014.12.05

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。万物を数値に落とし込み、常に数理的なツッコミを上から降り注いでくる、声も背も知能も高い理数系女子、同期の竹内瑞穂からリレー日記のバトンを引き継ぎました、環境情報学部2年の堀井美月です。

今年も漸く12月に突入し、毛布一枚では眠れない寒さになって参りました。故郷、青森県むつ市では既に初雪を迎えており、我が家は常に暖炉に薪をくべ続けなければ生活出来ない様です。私事、東京にも早く雪が降らないかなぁと何となく期待している今日この頃です。

先月は、念願の関東大学リーグ『一部昇格』を果たすことが出来ました。これまでTEAM2014で積み上げて来たものを体現し、結果として今まで支えて来て下さった沢山の方々に恩返しすることが出来たことを本当に嬉しく思うと同時に、1部という更なる厳しい舞台で戦い抜く準備をして行かなければならないと真剣に考える様になりました。今年の関東大学リーグでは、個人的には、得点を重ねることが出来たものの、果たして一つ一つの試合の中で自分の最大のサッカーパフォーマンスを十分発揮することが出来たのかと疑問を感じております。

さて、今回は『モチベーション』についてお話させていただきます。自分自身のパフォーマンスを最大限に発揮することは、スポーツ選手の能力として欠かせないもので、それは、メンタル・スキル・フィジカル等のバランスがより高く保たれていることが重要になります。私は、その中でメンタル面を上手くコントロールする為、『モチベーション』を上げるということを、高校時代からの習慣として意識して取り組んで参りました。モチベーションを上げる一つの方法として『音楽を聴く』ということが私の習慣としてあります。試合や練習前だけではなく、一日の始まりや終わり等、様々な場面で音楽を聴くことにより自分のメンタルを上手くコントロールしています。ここで、関東大学リーグ期間中や早慶戦等、大事な試合の前には必ず聴く一番私のモチベーションを上げてくれる曲を紹介します。それは、いきものがかりの『心にある花を咲かせよう』です。

『輝いた今日に感謝と惜しみなく続く拍手を
燃え尽きた僕等が今抱く誇りこそ持つ蓂必然
いつか今日が過去に変わり「今」に負けそうになっても
僕達は思い出すだろう 情熱に染まった日々を』

この曲は5年前に全国高校サッカー選手権大会の応援ソングとして使用された曲で、プレッシャーに押し潰されそうになった時や上手く行かなくて苦しい時に、いつも私の背中を押してくれました。「今まで、自分がやって来たことは間違ってない。自信を持ってこの試合に挑もう。」と、鼓舞する力をカラダ一杯に貰えます。それが原動力となって良いパフォーマンスに繋がると信じています。
私の場合は、主にサッカーに対してのモチベーションを上げることが重点となりますが、他にも、仕事や勉強等、自分が今一生懸命取り組んでいることに対して、より高いモチベーションで挑むことは非常に重要なことです。私には心と身体に響く沢山の音楽があります。日常生活の中で、様々なシチュエーション毎に音楽を替えモチベーションスイッチを使い分けることを意識した生活をこれまで心掛けて参りました。それが自身の充実に繋がっていると感じています。
皆さんも音楽を聴くこと等、何か一つモチベーションを上げさせてくれることを見つけ、それぞれが決めた大きな目標の達成に、一緒に邁進しましょう。

東京都リーグはラスト4節となりましたが、上手くモチベーションを保ちながら最後まで全員で一戦一戦戦い抜き、全勝で関東リーグに向かって励んで参りたいと思います。温かいご支援ご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。次は、部室での体育座りはお手の物、いじられキャラは譲れない、静岡から来た心優しきシュールな女性、環境情報学部3年の梅原那奈さんにバトンを渡したいと思います。ご精読ありがとうございました。