リレー日記

3年 中島菜々子

2017.03.27

今年度副将を務めます、新3年の中島菜々子と申します。
日中の暖かい日が増えてきているのと比例する様に花粉症と闘い始める部員が増えてきており、少しずつ春の訪れを感じている今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私がソッカー部女子に入部してあっという間に2年が経ち、ソッカー部での生活に折り返しの時期が来ていることに驚きを隠せません。それと同時にこれまでの先輩方の姿を思い出し、偉大さを改めて実感しております。

私の今シーズンの年間個人テーマは「貫徹」です。
私自身、今シーズン副将という役職に就くということに不安も大きく、悩むことも多くありました。私はチームの為に何が出来るのだろうか。色々なことを考え、沢山の人と話しました。そして、何事にも常に全力で取り組み続けること、これが今の私に出来ることだと考えました。練習では些細な場面でも全力で取り組む。試合ではどんな状況でも誰よりも闘い続ける。ピッチの外でもチームの勝利の為に出来ることは何でも取り組む。口ではいくらでも言えると思います。だからこそ、今シーズンは行動で示します。何事にも全力で最後までやり抜くという決意と共に個人テーマを「貫徹」と致しました。

さて、話は変わりますが、私たちは、3月7日から5泊6日の岡山遠征に行って参りました。岡山では、素晴らしい環境と温かいおもてなしの中、充実した6日間を過ごすことが出来ました。街を歩いていると沢山の方々に声を掛けていただき、温かいお言葉をいただきました。遠征を通じて沢山の「繋がり」を創ることが出来ました。
また、遠征中には津山三田会の方々がソッカー部女子の激励会を開いて下さりました。三田会の方々の盛大な歓迎には慶應義塾の凄さを感じると共に、慶應の塾生であることの誇りと責任を強く感じました。練習試合の際には多くの方にグラウンドまで足を運んでいただき、ご声援をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。応援して下さる皆様の存在が本当に大きな力となります。今シーズンも皆様に結果で恩返し出来ます様、精進して参ります。
遠征中、ファジアーノ岡山にも訪問させていただきました。その際に、ソッカー部OGの橋本夕紀子さんにソッカー部女子の理念である「挑戦、信頼、貢献」を創った当時のことについてお話をいただき、ソッカー部女子がこれまで積み上げてきた歴史の重みを感じました。これまでの歴史を大切に、これまでソッカー部女子を築き上げてきた皆様の想いを胸に、これからの歴史を積み上げていくに相応しい人間になれる様取り組んで参りたいと思う所存であります。

岡山遠征は終わりましたが、TEAM2017は始まったばかりです。ここから1年間闘い抜く間には、楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、苦しいこと等様々なことが起こると思います。「起こること、全て良きこと」。ソッカー部OBで現在ファジアーノ岡山に所属している久保飛翔選手が話して下さった言葉です。今シーズン、どんな時でもどんなことが起きても「1部昇格」「早慶戦勝利」の目標に向かって闘い続けます。ご声援の程宜しくお願い致します。

拙い文章でしたが、最後まで精読いただき、ありがとうございました。

4年 小茂鳥萌

2017.03.14

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。
お喋り上手で我等の頼れる守護神、主将の野村智美からバトンを引き継ぎました、商学部新4年主務の小茂鳥萌と申します。

2月11日にシーズンインをし、ソッカー部女子での最後の1年が遂に始まりました。私がソッカー部女子について考え出したのが丁度3年前のこの時期でした。ソッカー部女子の存在を知り、興味を持ち、当時、話したことはほぼなかった慶應義塾女子高校の先輩である田畑加穂梨さんに突然SNSでメッセージを送ったことをとても懐かしく感じます。そんなソッカー部女子との出会いから3年が経ち、これから始まる1年は何をするにも「ラスト」という言葉が付きます。きっと、この1年はあっという間に過ぎてしまいます。だからこそ、一瞬一瞬を大切に頑張っていきたいと思います。

先日、TEAM2017のチームスローガンが『繋ぐ』に決定致しました。この言葉を聞くと、2年生の夏から冬に掛けて行った副務を決める為の学年ミーティングが鮮明に思い出されます。私たちの学年の軸は「繋がりを大切にすること」でした。先日のブログでもお伝えした様にこのスローガンには、多くの意味が込められています。ソッカー部女子を築き上げて下さった先輩方の想いや伝統、応援して下さる皆様との繋がりを大切にして、一つ一つの勝利を1部昇格に、そしてソッカー部女子がまたインカレに出場し、西が丘の舞台に立てる様に繋いでいきたいと思っております。
私個人としては3つの『繋ぐ』を意識していきたいと思っています。1つ目は、ソッカー部女子の運営です。昨年度でマネージャーが引退してしまいました。今ソッカー部女子の運営を知っているのは私だけです。だからこそ、私が昨年で培ったものを繋げていかなければならないと思っています。2つ目は、サッカーに於いてです。ソッカー部女子は様々なバックグラウンドを持った選手が集まっています。私は、中学、高校ではバスケ部に所属していた為バリバリのサッカー経験がある訳ではありません。それでも、自分が出来ることを全て出し切りこれからもソッカー部女子に、初心者が頑張れる環境を残していきたいと思います。これまでの先輩にも、初心者でも試合に出ている人、頑張ることで周りに影響を与えている人がいました。その先輩たちの想いを私は繋げていきたいと思います。3つ目は、副務を決める際に皆から大事にしてほしいと言われた人との繋がりです。ピッチ内外共に沢山の人とコミュニケーションを取り、ソッカー部女子での繋がりを大切にしたいと思います。

今年度は、「1部昇格」「早慶戦勝利」を目標に1年間取り組みます。ラスト1年を後悔無く終えることが出来る様に、年間目標でもある「全部全力」を常に意識して参ります。今年度もご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。

4年 野村智美

2017.03.03

試合で得点した際にはベンチから勢い良く立ち上がり、少年の様に無邪気に飛び跳ねて全力で歓喜していた、前年度監督の岩崎陸さんよりバトンを引き継ぎました、今年度主将を務めさせていただく総合政策学部三年の野村智美と申します。創設当初から12年もの間、全身全霊で女子部と向き合い続けて下さった岩崎さんから、こんなにも重いバトンを受け取るとは予想外でしたが、2月11日から始動した新シーズンに懸ける想いを述べさせていただきます。

昨年は、宿敵早稲田大学から公式戦で初めて勝ち点を得たり、初めて臨んだ関東女子サッカー1部リーグで初勝利を挙げることは出来たものの、年間を通じて中々結果を残すことが出来ず、両リーグ共に2部降格という厳しい現実を突き付けられました。その結果、今シーズンはインカレ出場を目指すことが出来ません。

そんな状況で改めて気付かされたのは、私たちがインカレという舞台を経験出来、また、目指せる場所で闘うことが出来たのは、創設当初から先輩方が一戦一戦、直向きに泥臭く戦い続けてくれた結果の積み重ねであるということです。
私が大学一年生の頃、関東大学女子サッカー2部リーグと東京都リーグの両リーグで優勝し、ダブル昇格。そして、その翌年は関東女子サッカーリーグ2部優勝並びに初の1部昇格、更には関東大学女子サッカー1部リーグで勝ち点を着実に積み重ね、史上初のインカレ出場を成し遂げました。とはいえ、私が経験したのは女子部の歴史のほんの一部にしか過ぎず、先輩方が経験した昇格まであと一勝、一得点という接戦で勝ち切ることの出来なかった悔しい試合、大一番の試合前のミーティングでいつも岩崎前監督が語っていた奇跡とも思える様な試合展開で勝利した2008年の入れ替え戦等、その一戦一戦が私たち女子部の原点です。
今年度は、新体制で変革が求められるシーズンではありますが、現状に満足せず、お互いの長所も短所も全て受け入れた上で認め合い、伸ばし合うことで成長し続ける。創設当初から変わらない、「不可能への挑戦・積み重なる信頼・ピッチから始まる貢献」という理念の下、先輩方が築き上げてきたソッカー部女子の伝統を受け継ぎつつ、新たなことにも果敢に挑み続け、新たな歴史を創る。そして何よりも結果に拘り、これから先のソッカー部女子に繋がる一年にしていきたいと考えております。

その様な想いがあり、「1部昇格」「早慶戦勝利」という目標を掲げました。
「1部昇格」は、今シーズン目指せる最も高い成績です。再び1部に戻り、来年以降インカレ出場だけではなく、インカレベスト4に進出し、西が丘のピッチで闘うチームを目指せる舞台を掴み取るという強い想いがあります。「早慶戦勝利」には、未だ嘗て勝利を挙げたことがない宿敵早稲田大学に対し、塾ソッカー部女子の進化を結果で示したい。荒鷲の誇りを持って闘った歴代の先輩方の想いも背負い、今年こそ勝利の若き血を歌いたいという熱い想いがあります。
皆さんはこの目標に対してどんな印象を受けますか?私は、単純にワクワクしています。それは、目標を達成する為に、取り組まなければならないことは山程ありますが、このチームなら、このメンバーなら必ず達成出来ると信じているからです。
大口を叩きましたが、決して簡単な目標ではないことも承知しております。私たち相手を受けて立つ立場ではなく、挑戦し続けるチャレンジャーであることを心得て、たとえどんなに苦しい状況になったとしても、お互いを信じ、この目標を達成する為に部員一丸となって全力で勝負に挑み続けます。

入部した当初、強そうな見た目とは裏腹に自信のない弱気なゴールキーパーだった私がこんなにも熱く自らの想いを持つことが出来たのは、岩崎前監督を始めとするスタッフの方々、ソッカー部女子を取り巻く環境のお陰です。伸び悩んでいた時期にストレートに言われて心がズタズタになったこともありましたが、その時の言葉が今も私を奮い立たせてくれています。ラストシーズンは「いつも心に荒鷲を。」という言葉を胸に、感謝の気持ちを誰よりも熱くピッチで体現し、仲間を鼓舞し、身体を張ってゴールを守り、結果に繋げられるプレーヤーを目指します。

最後になりましたが、私たちは現役部員だけで闘っている訳ではなく、日頃よりご指導ご鞭撻いただいているOB・OGの方々、苦しい時も応援して下さるサポーターの皆様、誰よりも私たちを理解してくれる保護者の方等、本当に多くの方々の存在にいつも支えられてソッカー部女子として成り立っています。ホーム下田グラウンドはもちろんのこと、遠方で行われるアウェイの試合であっても観客席を埋め尽くす程の応援は、間違いなくソッカー部女子の強みであり、私たちの頑張れる原動力です。今年度も、ソッカー部女子に関わる全ての人と共に闘い、共に喜び合えるチームであり続けたいと考えております。今シーズンは、下田グラウンドでのホームの試合も多く開催されますので、是非会場にお越し下さい!
今後共、変わらぬご声援の程、宜しくお願い致します。

次は、後ろを向くことを知らないのではないかと疑う程に前向きで、ポジティブの塊でもある頼れる我らの主務小茂鳥萌にバトンを繋ぎます。きっとそんな彼女はリレー日記を見ている皆さんにも、明るさと元気をお届けします。乞うご期待。

ご精読ありがとうございました。