リレー日記

目標と挫折と達成と。(4年荒木麻友)

2018.01.06

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
着て来たTシャツを部室に忘れて帰ろうとするうっかりベイビー、高見澤るりから引き継ぎました、法学部政治学科4年の荒木麻友と申します。2017年も残り僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は日々コタツで温まりながら、必死に卒業論文を進めています。前回、人生最後のリレー日記になると思いながら書きましたが、今回が本当に最後の様です。何を書こうか迷いましたが、最近個人的に感情が一番忙しかった9日間についてお話しさせていただきます。

この4年間、様々な目標を持ちながら走り続けてきました。それは、サッカーのプレー面から、学連としての運営面、そしてオフ面まで様々です。勿論、チーム目標である「1部昇格」もその1つですが、今年度私はそれとは別に2つの目標を持っていました。1つは学年目標の“学年全員1人1得点”にもある様に“得点をすること”、もう1つは個人的に目標としていた“学年全員で大学リーグに出ること”です。しかし後者の目標は、自分が原因で達成することが出来ませんでした。その為、最後の山梨大学戦ではチームが勝ったことで嬉しい反面、自分の情けなさと悔しさで押し潰されそうでした。
その9日後、それでも何とか前を向いて臨んだBlossom League順位決定戦。コンディション調整等の必要もあった為学年全員ではありませんが、同期3人と共にピッチに立っていました。後半32分、泉野玲のスローインから松本絵里香、そしてジェシカ(田中絵梨果)を経たゴロのナイスパスを、小茂鳥萌が何故かトラップで浮かせたボールが目の前に飛んできたので(本人曰く、わざと浮かせたとのこと)、ゴールに向かって蹴り上げました。それが私のサッカー人生初の得点となり、同時に1つの目標達成となりました。後ろを振り返ると、ピッチで共に闘っていた後輩や同期が駆け寄って来ていて、「ああ決まったんだ」と実感しました。過呼吸の様になっている同期もいました。残念ながら敗戦してしまいましたが、試合終了後には、後輩や同期、スタッフ、保護者の方、他大学の同期等、沢山の方から声を掛けていただき、先輩方からもメッセージを頂きました。高校で3年間お世話になった先生には、報告がないと怒られながらも喜んで貰えました。今更ながら改めて、沢山の人に支えられ、その繋がりの中に自分はいるのだと実感することが出来ました。本当にありがとうございました。

さて、TEAM2017も残り僅かとなりましたが、先日の関東リーグ最終節で武蔵丘短期大学に勝利したことにより、大学リーグに続き、関東リーグでも昇格を懸けた入れ替え戦に進めることが決定しました。その為、今シーズンは私が経験した4年間の中で最長のものとなります。今年度の最大目標である「1部昇格」を達成し、笑顔でTEAM2017を終えられる様、今後共努めて参ります。温かいご声援の程宜しくお願い致します。
拙い文章でしたが、ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ