リレー日記

人と人を繋ぐ(4年沢渡凜璃子)

2018.03.27

 ホームページをご覧の皆様、こんにちは。一人で喋り続けるところは1年の時から変わっていませんが、3年間でとても頼もしくなり常にチームを中心で引っ張る主将の中島菜々子からバトンを受け継ぎました、今年度主務を務めます、法学部政治学科新4年の沢渡凜璃子と申します。春の陽気が見え始めていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は毎週楽しみにしていたドラマが次々と最終回を迎え、ロスになっています。

「将来は、人と人を繋ぐ仕事がしたいです。」

これは私が慶應義塾中等部の入学試験の面接で将来の夢について聞かれた時に言った言葉です。当時小学6年生であった私が、そして、小学5年生まで「将来の夢はお寿司屋さんの大将になること」と言っていた私が、何故この時こう答えたかは自分でも分かりません。きっと直感で答えたのだと思いますが、この時の直感は多分正しくて、9年経った今でも理想の主務像の中の軸になっています。

 そんな私は、ラストシーズンとなる今年度の年間個人目標を「繋ぐ」にしました。実は私は2年生の時も年間個人目標に「繋ぐ」を掲げています。しかし、2年前に掲げた「繋ぐ」と今年掲げる「繋ぐ」に込められた想いは大きく異なります。2年生の時も当時は当時なりに考えてこの目標にしましたが、今年の想いとは比べ物になりません。それくらい、私にとって副務を務めた昨年1年間は大きかったのだと思います。

 私は元々周りが見えている方で、入部当初から怪我をしていてリハビリ期間が長かったことからも、チームの為に自分が何を出来るか、何をするべきであるかを考えられていると思っていました。しかし、副務になってから初めて先輩方がチームの為にどれだけの時間を費やしてくれていたかを知り、自分のそれまでの考えは甘く、足りなかったことを痛感しました。また、ソッカー部女子が日々どれだけ多くの方に支えられているかに気が付きました。
 そして、チームに時間を割いてくれている先輩方の想いを後輩に繋ぐこと、これまでOGの方々が積み重ねてきて下さったことを今後に繋いでいくこと、下級生の考えを4年生に伝えることは、副務になった私がやるべきことであると感じました。昨年は「繋ぐ」がチームスローガンとして掲げられていたこともあり、常に意識してきたつもりではいますが、自分自身のことでいっぱいいっぱいになり、自信を持って達成出来たとは言えません。そのため、今年は主務として、自信を持って出来たと言える様になりたいです。
 そして、更にただ人と人を繋ぐだけではなくて部員一人ひとりの得意なことを引き出して、それぞれがチームの一員である自覚を持ち、個人の力が自然とチームの力に変わっていく、TEAM2018がその様なチームになれる様、主務として導いていきたいと思います。

 もう一つ、副務を経験して気付いたことがあります。
 それは、チームの為と思いやっていたことが、実は自分の為になっていたということ。

「副務っていうのはチームの為に働くっていう気持ちで選出されるけど、実は何よりも自分の糧になる。」

これは、2個上のマネージャーの先輩が引退する際に下さった手紙に書いてあった言葉です。副務をやっていた時は、仕事は「チームの為に」という想いでやっていました。正直、毎日ほとんどの時間をチームについて考えることに費やしたり、1日10時間以上もパソコンに向かったりすることが自分の為になっている感覚はありませんでした。ですが、1年間副務をやり終えて、上手く言葉では表せませんが、副務が自分の為になっていることが分かった気がします。

そして、逆もまた然り、自分の為と思いやったこともチームの為に繋がると私は思います。そのため私は、ラスト1年は自分の為にサッカーを楽しみたいと思います。そしてそれがチームの為に繋がれば良いなと思います。
 
さて、関東女子サッカーリーグ開幕まであと1ヶ月を切りました。初戦は早稲田大学との試合になります。早速「早慶戦初勝利」に挑戦出来る機会があることに感謝しながら準備して参ります。今後共、ご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。

拙い文章となりましたが、最後までご精読ありがとうございました。

満開の花を咲かせたい(4年中島菜々子)

2018.03.20

ホームページをご覧の皆様こんにちは。

大きな存在感と広い肩幅で部員を牽引し続けて下さった昨年度主将、野村智美さんからバトンを引き継ぎました、今年度主将を務めさせていただきます新4年の中島菜々子と申します。初めてキャプテンマークを巻き、智美さんの腕の逞しさを体感すると共に大きな責任を感じております。昨シーズンのW昇格を繋ぐべく、TEAM2018が始動致しました。昨年は多くの方に会場にお越しいただき、多大なるご支援、心強いご声援をいただきまして誠にありがとうございました。

今年度は関東大学女子サッカーリーグ、関東女子サッカーリーグ共に1部の舞台での闘いとなります。
2年生の頃に力不足を突き付けられた両リーグにリベンジ致します。

1年生で創部史上初のインカレ出場を経験し、私自身はサッカー人生で初めて全国大会のピッチに立ち、楽しさを味わいました。2年生はW降格の悔しさを味わいました。3年生はW昇格への安堵と喜びを味わいました。4年生となった今シーズンは沢山の人と、最高の感動を味わいたいです。

今シーズン私たちは「インカレベスト4」「早慶戦初勝利」という目標を掲げました。

キックオフミーティングの際に伊藤監督から「圧倒的当事者意識」という言葉が提示されました。どうして慶應でサッカーをしているのか。どういうチームにしたいのか。今何が出来るのか。考えることが山程あります。チームにいるだけならば誰だって出来る。一人ひとりが目標に向かって本気になり、最大限の力を掛け合わせていくことで目標を成し遂げていきたいと存じます。

チームを創り上げていくことへのやりがい、楽しみに気持ちが高まる反面、不安や責任に押し潰されそうになることもあります。まだまだ私自身力不足な点も多くあります。「千里の道も一歩から」想像出来ない先のことに悩み、立ち止まるのではなく、今の自分に出来ることから、1歩ずつ進んでいきます。

話は変わりますが、最近、朝の情報番組で桜の開花予報を見ながら満開を今か今かと楽しみにしています。

桜は花が散ると、すぐに次の年に花を咲かせる準備を始めます。初夏には芽が出来、秋には開花の準備が整っているそうです。しかし、冬は寒いので開花を我慢し眠っています。冬の寒さに耐え、気温がだんだんと高くなると、芽が大きくなって満開の花が咲きます。桜が咲くには春の暖かさだけでなく、冬の寒さも必要となるのです。

私たちは約1ヶ月前にシーズンが始まり、開幕に向け準備を始めました。この先、目標達成までには上手くいくことだけでなく、厳しい闘い、苦しいことも沢山待っているでしょう。成長には苦しい時期も必要です。最後に最高の感動を味わうことが出来る様目標に向け着実に進んで参りたいと存じます。

桜の木は樹齢を重ねるごとに強く、大きくなっていきます。
女子部は創部13年目を迎えます。高い舞台に所属することが出来ているのも、これまで先輩方やソッカー部女子に関わる全ての方々が努力し積み上げて下さったお陰だと感じております。私たちが目指す「インカレベスト4」「早慶戦初勝利」は過去にも掲げていた目標であり、目指し続けていきた場所です。そしてそこには様々な想いが込められていたと思っております。これまでの想いをしっかりと受け止め、歴史を受け継ぎながら成長し続けられる様、精一杯努めて参ります。

サッカーに打ち込み、目標に本気で挑むことが出来る環境に感謝し、サッカーを全力で楽しみながらTEAM2018の仲間と、そして応援して下さる皆様と目標に向けて果敢に挑戦し続けたいです。
今年度も変わらぬご指導ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

拙い文章でしたが最後までご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ