リレー日記

『何故、何の為にサッカーをしているのか』(3年庄司夏穂)

2018.10.27

ホームページをご覧の皆さん、こんにちは。自称ソッカー部女子の広告クリエイターこと芳賀千歌子からバトンを受け取りました、総合政策学部3年の庄司夏穂と申します。
 先日、私が1年生の時に大変お世話になったソッカー部女子の歴史を語る上では欠かせない、岩崎監督がご結婚されたことが部員の間で話題になりました。この場をお借りしてご祝福申し上げます。おめでとうございます。

さて、今回のリレー日記ですが、近頃考えていることについて綴らせていただきます。
何故サッカーをしているのか、何の(誰の)為にサッカーをしているのか。
私は大学生になってから自分の時間を持てる様になり、どうでも良いことも真面目なことも色々と考える様になりました。部活中心の生活であった高校時代に比べると、自分に向き合うという点では成長したと思います。最近は難しい本も読むようになり、改めて自分で考え知識をつける楽しさを学ぶと同時に、色々な人がいて、アイデアがあり、チャレンジがあり、私が知らない世界がまだまだ広がっているなと日々実感しております。そんな中でも毎日頭に浮かぶことはサッカーのことです。
私は去年、左膝前十字靭帯損傷の怪我をし、シーズンの殆どをリハビリに費やしました。早く復帰したかった為、毎日自分を追い込んでトレーニングをしました。その時のトレーニングは決して無駄ではなく、むしろ私を成長させてくれたと思います。
昨年私たちは大学リーグ、関東リーグ共に2部での闘いでした。拮抗した試合も多々ありましたが、多くの勝利を挙げたことでチームは勢いに乗りました。やりたいサッカースタイルが少しずつ形になり、ある程度メンバーは固定され、選手は自信がついたのではないかと思います。しかし、そこのピッチに私はいませんでした。その期間チームから離脱していたことは、今の私にとって大きな痛手であったと感じています。私は復帰してから、ゲーム感覚を取り戻すことや周りとコンビネーションを取ることに苦戦しました。同時に、同期が昨年度から試合に出場して経験を積み、自信をつけた中で、私だけが取り残されていると感じ取ってしまい、自信を失くす時もありました。早慶戦にも出場出来ず、選手として試合に出場する選択肢にもなれない自分に苛立ちや悔しさも感じました。私は現在、学連で競技部長として、主に大学リーグの運営を行っています。当の本人が運営のみ行い試合に絡めていない現状にも、もやもやしています。時々、目的意識や目指すところが分からなくなり投げやりな気持ちになってしまいそうな時もあります。そんな時は、一度原点に立ち返って冷静に考えてみます。何故、誰の為にサッカーをしているのか。その答えは、単純に、サッカーが大好きだから、勝負の世界で自分の限界と闘い自分を成長させる為、等という理由に加えて次のことが挙げられます。
私は7年前に東日本大震災で被災し、同じ中学校に通っていた3名の同級生を亡くしました。その友人たちと特に親しかったわけではありませんが、その頃から現在までずっと、彼らを絶対に忘れない様に毎晩思い出しています。それは、私の中であの日のことを風化させない為の行為でもあります。そして、“〇〇ちゃんたちの分まで頑張ろう”と心に誓っています。命があり、やりたいことを続けられる環境がある。いつ何があるか分からないからこそ、1日1日を大切に無駄にすることなく過ごさなければならないのです。こんなところで躓いていたら亡くなった友人3人に申し訳ないです。このままでは終われません。大袈裟過ぎるかもしれませんが、私が誰の為にサッカーをするのかは、「3人の分まで、3人の為に」であり、その為に私が今出来ることは、やりたいこと、サッカーに全力でチャレンジし続けることです。
この気持ちを決して忘れることなく、最後まで諦めずこの状況を打開し、見返してやるという強い気持ちを持って全てのことに全力で取り組みたいと思います。そして残りの大学サッカー、大学生活を悔いなくやり切ります。
本塾は先日、神奈川大学戦にて敗北してしまいましたが、残り2戦は必ず勝利を収め目標であるインカレベスト4を達成できる様精進して参ります。勿論個人としても結果を残していける様に尽力致します。
今後共ご指導ご声援の程宜しくお願い致します。
拙い文章でしたが、最後までご精読いただきありがとうございました。

マネージャー三箇条(3年芳賀千歌子)

2018.10.23

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。普段はクラゲの様にフニャフニャしている反面、理工学部で勉強も出来、試合の時はしっかりと得点を挙げチームを勝利に導く女子部のスーパースター、山本華乃からバトンを受け取りました、環境情報学部3年マネージャーの芳賀千歌子と申します。早速本題に入らせていただきますが、より気持ちが伝わる方法として、以下だ・である調で書かせていただきます。

「あ、私この部活に入る。」
退屈な大学生活に飽き飽きした私は同期の工藤真子に連れられ、女子部の見学に来た。練習開始前、スパイクに履き替え、準備する皆を見てそう思った。マネージャーでも良い、共に全力で頑張る仲間が欲しかった。ただそれだけの理由で、1年半前、私は飛び込む様にしてこの部活に入った。

思い返せば、私はサッカー人生に二度、終止符を打っている。1回目は小学校のクラブチームを引退した時、2回目は高校サッカーを引退した時。怪我ばかり、鈍くてボールの落下地点も読めず、フリーでボールを持っては敵にパスを出したり、キーパー正面にシュートを放ったりする様などうしようもない選手だった。しかし、高校の友人によると極稀に神が舞い降りた様なプレーをすることもあり、その様な片手で数えられる程の瞬間が堪らない程嬉しくて10年もサッカーをしていた。下手だから、と自分の気持ちに蓋をしてサッカーから離れたつもりだったのだが、無意識にサッカーに足が向いている自分がいたことに気が付いた。

こんな風に話しているが、現在私はマネージャーである。怪我で中途半端になるのなら、割り切ってマネージャーとしてチームに貢献し、サッカーに全力で関わってみようと思ったのである。

私が思うマネージャー三箇条は以下の3つである。
1.マネージャーは常に周りにベクトルを向け続け、選手優先を貫く。
2.マネージャーという存在である以上、選手・チームに一切の迷惑を掛けてはいけない。必ず選手のプラスになる働き掛けをしなければいけない。
3.勝った時だけでなく負けた時も選手同様の気持ちを持ち続けなければいけない。

これはマネージャーとして当たり前のことだと思う。しかし、私はこれを全く完遂出来ていない。それは、私はこれまで殆ど自分本位に生きてきたからだ。自分の為にサッカーをする、自分の為に勉強をする。自分の為なら幾らでも頑張ることが出来る。そんな自己中心的で不器用極まりない私が周りに目を向け続けるのは容易いことではない。気を抜くとミスが出てしまい、気を張っているつもりでもミスが出る。試合の日は動きもしないのに、それが終わった時にはどっとした疲労感を感じる。これではマネージャー三箇条の1は達成出来ていない。ではマネージャー三箇条の2はどうか。これは1ヶ月前に挫折を味わった。私は皆に迷惑を掛けてしまう大きな失態を犯した。今でも引きずっている。最後のマネージャー三箇条の3。これは三箇条の中で1番大切なものだと思う。気持ちだけは絶対あるといつも思っていた。しかし、気付いてしまった。試合の始まる直前にスターティングメンバーとハイタッチをするのだが、私はこれが苦手である。選手を応援する気持ちはあるのだが、何故か引け目を感じてしまっている。「マネージャーの私がハイタッチしていいのだろうか」「私は信頼されているのだろうか」。明るい気持ちでハイタッチ出来ないのだ。その自信喪失の理由は上記のマネージャー三箇条1と2が出来ていないことにある。マネージャーというもの自体に引け目を感じているのではなく、自分の理想像を自分が実現出来ていないから自分に自信がないのだ。何度もマイナスの方に気持ちが向くこともある。しかし、「ちーさんおはよう!」と声を掛けてくれる後輩がいたり、馬鹿にしながらも、時には怒りながらも直球で絡んでくれる同期がいたり、堅実で言葉数は少ないものの背中と態度で道を示してくれている先輩がいたりと、私は素晴らしい選手の為にもがき続けることを許されている。ゴールを決めることやドリブルで相手を交わす等、目に見える達成感がない中で目標を持って取り組み続けるということがどんなに難しいことか実感した。私はまだ未熟、私はまだ不器用、私はまだ…理想のマネージャーではない。理想のマネージャーになり、いつか自信を持って皆とハイタッチを出来る様になりたい。
そんな私に、最近やっと夢が出来た。21年間見つからなかった。1ヶ月程前のことだと思う。「全力で何かに取り組む人の姿を、人に伝えられる人になりたい。」試合に負けた時の皆の姿を見て、ふと思った。一文に「人」という文字が3つもある。自己中心的であった私からは想像出来ないことだ。その夢を見つけさせてくれたのは「全力でサッカーに取り組むソッカー部女子の皆」だ。ありがとう。理想の自分になれるまでもう少しもがかせて下さい。

来年は自信を持ってこの場でご報告出来る様、取り組んで参ります。拙い文章となりましたが、最後までご精読ありがとうございました。
今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

立ち向かう勇気(2年山本華乃)

2018.10.13

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。ピッチ内外で人一倍汗を流し、気配り上手で、周囲に元気を与える笑顔で皆に親しまれている同期の清水菜緒からバトンを引き継ぎました、理工学部2年の山本華乃と申します。秋風が心地よく感じられる季節になって参りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

先日押入れの中を整理していると、小学生の頃に定期的に書いていた「生き方を学ぶノート」が出てきました。その中のある人物の言葉を、今回のリレー日記で紹介させていただきます。その人物とは、2010年に南アフリカで開催されたW杯で日本をベスト16にまで導いた、元日本代表監督の岡田武史さんです。岡田さんはW杯後の記者会見で、子供たちへ以下のことを語っていました。

「これからのサッカー人生、それ以外でも良い時ばかりじゃない。良い時も悪い時もある。でも悪い時というのは、必ずそれがその人に必要だから。何の為かと言ったら、次に成長する為。そういう意味で上手くいかなかったり、風が吹いたりした時に簡単に諦めない。そして、絶対にネガティブにならないで立ち向かっていく勇気、そういうものを今回、選手たちが示してくれた。子供たちには是非、辛いことや苦しいことがあっても簡単に逃げずに、代表選手の様に見せてほしい。僕は選手に『人間万事塞翁が馬』とよく言っている。この言葉を子供たちに贈りたいと思います。」

これを聞いた小学生の私は、「悪い時があっても次に成長する為だと思って、前向きに立ち向かっていきたい。」と考えていました。『人間万事塞翁が馬』。この言葉は皆様もご存知の通り、幸福や不幸は予想仕様のないことであることの例えです。しかし、幸運は待てば勝手に訪れて来るものではなく、悪い時に簡単に諦めてしまったり、立ち向かう勇気がなかったりすれば、幸運は訪れて来ないと私は思います。悪い時こそが、本当の勝負なのです。

現在大学リーグが5試合終了し、1勝2分2敗という結果で5位に付けています。勝てばインカレ出場に近づき、負ければ下位争いという非常に拮抗とした闘いとなっております。5位から10位までの6チームが勝ち点差2の中にいる為、ここからの4試合、どの試合も負けることは出来ません。皇后杯も含め、勝ち切れない苦しい状態が続いていますが、この状態に向き合い、立ち向かう勇気を持たなければなりません。不幸に思えることが幸運をもたらしてくれるかもしれない。インカレ出場の為に、自分たちを信じ、チャレンジャーであることを忘れず、負けること、失敗することの恐怖に負けず、挑戦し続けることで、一皮剥けた姿を見せたいと思っております。皇后杯関東予選の様な悔しい思いはもうしたくありません。大学リーグ残り4試合が終わった時、チーム全員と、応援して下さる沢山の方々と最高の喜びを分かち合える様、チーム一丸となって闘って参ります。

拙い文章となりましたが、最後までご精読ありがとうございました。
今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

何とかなる(2年清水菜緒)

2018.10.02

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。普段はくだらない言動で他の部員から呆れられることが多々ある一方で、ストイックに自主練習に励む姿が印象的な努力家、3年内山純からバトンを引き継ぎました、環境情報学部2年の清水菜緒と申します。暑い夏がようやく終わり過ごしやすい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のリレー日記では、私自身がいつも心に留めていることについて書かせていただきます。

 

突然ですが、皆様は『何とかなる』という言葉を聞いてどの様に思われますか。やらなければならないことに対し、いい加減に対応する。または、窮地に立たされたとしてもポジティブに前を向いてチャレンジする。恐らくどちらかをイメージする人が殆どだと思います。私は以前からこの『何とかなる』という言葉を深く考えずに使ってきました。今思い返すと、先述した意味の後者に当てはまる事が多かったと思います。一瞬目の前が真っ暗になり、落ち込む時間はあったけれど、最終的に私は『何とかなる』と自分に言い聞かせて前向きにやってきた自信があります。そう言い聞かせることで、自然と何とかしなくてはならないという考えに変わり、気持ちが軽くなります。その前向きな気持ちが何か行動を起こす活力になるはずです。『何とかなる』という言葉の意味を私なりに見出すことが出来た今、上手くいかないことがあっても、何とかなる精神で前向きに捉えて頑張ろうと心に留めています。

 

さて、主将である菜々子さんが口癖の様に言っている「大学リーグは開幕したらあっという間に終わってしまう」という言葉の様に、早くも大学リーグが開幕して4試合が終了し、現在は1勝1分2敗の5位に付けています。TEAM2018として「インカレベスト4」という目標を掲げましたが、まずはインカレに出場する為には大学リーグを勝ち抜かなければなりません。第3、4節は連敗を喫してしまいましたが、まだまだ何とかなります。大学リーグ中断期間で自分自身、チームを見つめ直し課題に対して真摯に、そして前向きに取り組んで参ります。

また、大学リーグ中断期間に皇后杯JFA第40回全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選が行われました。関東地区からは上位7チームが全国大会に出場する事が出来ます。1回戦、2回戦と順調に勝ち上がることが出来ましたが、残り3試合の中で1勝すれば全国が決まるというプレッシャーがかかった中で3連敗を喫してしまい、全国大会出場を逃してしまいました。これから再開する大学リーグに向け、私個人としては、試合に出場させていただく機会が増えてきた為、プレーでもチームに貢献出来る様、全力で取り組んで参ります。

拙い文章となりましたが、最後までご精読ありがとうございました。今後共ソッカー部女子に温かいご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

記事一覧

月別アーカイブ