リレー日記

『ありがとう』(4年工藤真子)

2020.01.20

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

鋭いシュートとセンス抜群のボールコントロールを武器にゲームメイクをし、ピッチ内外共にチームを鼓舞し続けてくれた勝木日南子からバトンを引き継ぎました、今シーズン主将を務めました総合政策学部4年の工藤真子と申します。彼女は私が自信を失っている時も「まこはひなには出来ないことたくさん出来るんだよ」と勇気付ける声を掛けてくれて、この1年間本当に彼女に助けられ、私を奮い立たせてくれました。彼女のおかげで1年間主将をやり切れたのだとしみじみと感じております。本当にありがとう!

そして主将という役職を務めて強く感じる周りの方々のサポートの大きさ・偉大さに本当に感謝しています。また、今シーズン不甲斐ない結果が続く中でも変わらぬご支援ご声援をくださり、この場を借りて、ソッカー部女子に関わる全ての方々に感謝申し上げたいと思います。
 
さて、引退して約1ヶ月が過ぎ、週6日の練習やミーティング等、私の大学生活の中心がソッカー部であった日々が終わり、今になってその当たり前だった日常が何にも代え難いものであったなと感じております。

最後のリレー日記ということで何を書こうかと悩みましたが、自分の人生史上一番濃い年であっただろう2019年シーズンを振り返りたいと思います。まとまりがなく拙い文章ですが、一生懸命書いたので最後まで読んでくださると嬉しいです。それでは参ります。

 

主将として迎えた大学ラストイヤーは間違いなく私の人生で一番大変な年であった。シーズンイン開始前から、とにかくミーティングを重ねた。目標設定や、幹部決め、係、キーパー決め、スローガンなど挙げればキリがないほど一人ひとりがしっかりと考え決めなければいけなかった。「インカレ優勝」という創部史上最も高い目標を掲げてスタートし、誰しも最初はその目標に対してワクワクとした感情を抱く。「今年こそは!」そう意気込んで私たちは目の前のことを必死に取り組んだ。だが、勝負の世界はそんなに甘くなく、チームは上手くいかないことばかりであった。関東リーグ前期シーズンを1勝6敗で終え、沈むチームの雰囲気も良くすることが出来なかった。チームを引っ張らなきゃという気持ちが強くなる程、自分のプレーに集中できず、空回りをしてしまい私が理想としていた背中で引っ張るようなパフォーマンスはできなかった。あれほど心震わせたサッカーは、いつしか主将の重圧や責任によって、心を押しつぶす重荷のようになってしまっていた。「何で主将になったんだろう」「主将を辞めたい」これらの感情が付きまとい、純粋にサッカーというものを楽しめずにいた。それでも、もがき続けた。練習時間を削って学生だけでミーティングをしたり、もう一度自分たちがインカレ優勝を目指す目的を話し合い、ようやく夏休み辺りからチームとしてのまとまり、やってきたことが形になってきたところだった。そして期待と不安の入り混じった関東大学1部リーグ。またも絶望を味わうこととなった。負けることによってやってきたこと全てが否定されたようだった。試合の内容は悪くないのに最後の勝負どころで勝ちきれない。またも悪い流れを変えられない、キャプテンとして自分の無力さを痛感した。それでも試合後には試合の反省をし、次の試合に向かって切り替えて準備をしなければならない。悔しくて眠れない夜も、ミーティングの内容を考えた日も、1日中試合のビデオを観た日も、何度もあった。そんな中でまたサッカーが嫌になり練習に行くのが辛い日もあった。だが練習が始まれば常に先頭にいなければならない。時の流れは残酷だ。どんなに追い込まれていても刻一刻と進んでいく。

だけど、そんな日でも、絶対に辛そうな顔はせずに、誰よりもサッカーを楽しむ気持ちだけは絶対に忘れないでいようと心に決めていた。キャプテンの感情や行動はどんな形であれチームに影響を及ぼすからである。実際にそれが出来ていたかというと全てがそうではないと思うが、毎日そういう気持ちで練習へ行っていた。

でも、どんなに悩んで練習に行った日でも、グラウンドへ向かって練習をすれば気持ちを切り替えることが出来た。ドリブルで相手を抜く瞬間、相手からボールを奪う瞬間、ゴールの瞬間は、すべてを忘れて夢中になることが出来た。そして何より、グラウンドの周りにはたくさんの仲間がいた。自分の時間を削ってまでビデオを細かく分析しアドバイスを下さる監督やコーチ、夜遅くまで選手たちのケアをしてくれるトレーナー、有り得ない程の仕事量にも関わらず見えないところで働いてくれているチームメイト、試合に出たい気持ちを押し殺して必死にベンチから熱く声を出してくれるチームメイト、強い情熱をもち身体を張ってプレーするチームメイト、仲間のミスをカバーしてくれる頼もしいチームメイト、練習後ロッカーでふざけ合うチームメイト、などなどここには書き切れない多くの人に勇気をもらったから、頑張ることができた。自分を奮い立たせてくれた。そうして、皆がいたからこそ不器用ながらも前を向いて進み続けられた。

そして迎えた大学リーグ入れ替え戦、3-1で流通経済大学に勝つことができ、私たちは一部残留を決めた。心の底から、魂が震える戦いができ、苦しい想いをし続けた分、あの勝利は私の人生で一番嬉しい瞬間だった。インカレ優勝という目標には遠く及ばなかったけれど、この一年、チームも自分自身もシーズン当初とは比べ物にならないほど成長することができたと思う。
 
こうして振り返ってみると、楽しいことや嬉しいことよりも辛いことや悔しいことを圧倒的に多く経験してきました。それでも、もがきながらも戦い続けたこの一年間に、悲しみや後悔の感情は一切ありません。そして何より私ひとりでは何も出来ず、皆がいたからこそ主将を一年間やり抜くことができました。本当に感謝しています。

「みんな、ありがとう」
 

そして、最後に後輩たちにメッセージを書き記させてください。
 
これからも絶対に上手くいかなくて、もがき苦しむことが多々あると思います。きついとは思いますが、絶対に諦めないで、もがき続けてください。困難を乗り越える過程で得た自信、その先に見える景色は自分の財産になるはずです。早慶戦初勝利、インカレ優勝の景色はどんなものなのでしょうか。それにもう一度チャレンジ出来るみんなが本当に羨ましいです。苦しい思いをし続けて、それでやっと果たした一部残留。この一年間での経験はとてつもなく貴重で、他のチームでは出来ないことだったと思います。この一年間で積み上げた全ての経験が必ず皆の血となり肉となり、苦しい時に力を与えてくれるはずです。今シーズン、負けることの悔しさ、勝つことの喜びをどのチームよりも味わったと思います。だからこそ、どのチームよりも勝利には飢えていると思うので、その想いをピッチで体現してください。期待しています。
 

これで、TEAM2019のリレー日記は私でゴールを迎えました。
そして、ゴールテープを切った今、TEAM2020の新たな始まりです。
みんなの活躍、心の底から楽しみにしています。
長くて拙い文章でしたがご精読ありがとうございました。
これからも塾ソッカー部女子への変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

『多謝』(4年勝木日南子)

2020.01.14

ホームページをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。
昨年は、TEAM2019 に多大なるご支援とご声援をいただき、誠にありがとうございました。

2019シーズンは勝てない試合が多く、苦しい時期が続きました。しかし、どんな時でも会場に駆けつけてくださり、応援してくださる皆様の声援が、私たちの背中を後押しし、苦しいときのもう一歩を前に踏み出させてくれました。この場を借りて深く御礼申し上げます。

申し遅れましたが、今回のリレー日記を担当させていただきます、総合政策学部4年副将の勝木日南子と申します。アジリティが抜群に高く、卓越したテクニックと小ささで多くの人を魅了してきた主務の松木里緒よりバトンを引き継ぎました。実はよく、試合中に反対サイドにいる里緒のポジショニングをチラ見して参考にしていました。ありがとう!笑

さて、引退してサッカーからすっかり離れ、部活に明け暮れていた毎日を思い返し、私がサッカーから得たことやサッカーが無い自分に残されたものは何かをよく考えます。残念なことに、明確な答えはこれといって出てきません。(冒頭から申し訳ありません。) ただ、ポツリポツリと、色々な人の顔が思い浮かんでくるのです。色々な人の顔が頭に浮かんできた時、それと同時にそこにあった想いが呼び起こされます。これこそが、私のこの1年間や大学サッカーをした4 年間、そして小さい頃からずっと続けてきたサッカー人生の全てを表しているのではないかと身に染みて感じています。

1年前のシーズンイン前、「もうこれ以上ここで学ぶことはない。引退する時、4年間やり遂げた達成感だけに浸って終わるような時間の過ごし方をするくらいなら、他のことをする方がよっぽど価値が高い。」と生意気に言い放ち、部を辞めようとしたことをはっきりと覚えています。そこから紆余曲折を経て、シーズンが始まってみれば副将になり、案の定、悪戦苦闘の日々を過ごしている自分がいました。サッカー面でもそれ以外でも、信じられないくらい無力な自分に嘆き、憤り、落胆しました。理想を追い求めることと、現実を直視することの狭間でもがき続けました。

しかし、その度に自分自身を奮い立たせ、もう少し、もう一回、私にやれることをやってみようと取り組みました。本当に多くの、色々な人に支えられながら。

私には、社会の理不尽さを叫び全ての怒りをぶつけても、本気で一つ一つ正面から答えてくれる父がいます。どんな時も一番に寄り添い、喜びや苦しさを共に噛み締めてくれる母がいます。道を切り開き、言葉で表現し、背中で体現してくれる兄がいます。私の存在を全肯定し、すぐに駆けつけてくれる親友がいます。信じることの強さと優しさを教えてくれる心友がいます。結果を出すには地道な努力が絶対不可欠なことを示してくれている幼馴染がいます。どんな時も前を向いてやり続けることの大切さを語りかけてくれる恩師がいます。色んな角度 から世界を切り取って見せてくれる愉快な仲間がいます。人は、一人では生きられないことを存分に学びました。

私には、失敗を恐れるよりも、果敢に挑戦する方がカッコ良いと感じさせてくれたスタッフがいます。肩の力を抜いて、私らしく表現することを後押ししてくれた先輩がいます。人は違うからこそ魅力がたくさんあることを再確認させてくれた同期がいます。目標を目指して、力強く走り続ける元気をくれた後輩がいます。サッカーは、一人では出来ず、チームに関わる全ての人の力を総結集して初めて 勝利を目指せるということを学びました。

そして今は、1 年前にサッカーを辞めずにいて良かったと心から思えます。ここに書ききれないほどの沢山の人への感謝とその時抱いた想いが、私の人生の宝物になりました。本当にありがとうございました。これからも多くの人に支えられながら生きていくと思いますが、今度は、私自身が少しでも誰かを支えられるようになりたいと強く思います。

では、TEAM2019最後のバトンを工藤真子に繋ぎます。12/8の引退試合にて、最初にして最後の同サイドでプレーしたのですが、彼女の頼もしさには改めて驚かされました。彼女が大きくボールをクリアする瞬間に間近で背中に感じる恐怖感は、皆様ぜひ体感して欲しいものです。かと思いきや、何でもない小さなクリアを私の後頭部に当てて笑う、なんとも憎めない愛されキャラのキャプテンです。この1年間、チームの顔として闘ってくれてありがとう。最後、頼みます!

⻑く拙い文章でしたが、最後までご精読いただきありがとうございました。今後共、塾ソッカー部女子の応援を宜しくお願い致します。

『サッカーが教えてくれたもの』(4年松木里緒)

2020.01.09

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
そして、新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
新年一発目、そして最後のリレー日記が回って参りました。週4日SFCに通いスペイン語を学び、引退してからも自分で寮の周りをランニングしている、自分に厳しく全てに正直で頑張り屋さんな寮生仲間の同期、庄司夏穂からバトンを受け継ぎました、今年度、主務を務めさせていただきました、松木里緒と申します。

さて、私は最後のリレー日記に小学校1年生から始めた15年間のサッカー人生で得たものを3つお話ししたいと思います。

 

“最高の瞬間”

「サッカー続けてるのすごいね、どうしてサッカー続けてるの?」
と聞かれたことがあります。正直聞かれた時は考えたことがない、何でだろうと自分でも思いました。サッカーを続けてることだけですごいのか、と不思議にも思いました。確かに今までを振り返ると理不尽だと思ったことやキツかった走りもありますが、サッカーを辞めたいと思ったことは一度もありません。私にとってサッカーを続けてきた理由は自分の成長を信じていたから、まだまだ出来ると思っていたからだと思います。言うならばサッカーが自分の得意なフィールドであると少しでも感じていたからです。実際には上には上が沢山いることを中学生の時には感じていましたが、自分の可能性を信じてこれまでサッカーに取り組んできました。しかし、今までの15年間のサッカー人生では嬉しかった出来事よりも悔しかった出来事の方が格段に多いです。悔しかったこと、上手くいかなかったこと、勝負に負けたことばかりです。しかし、悔しい出来事の回数以上に、仲間と分かち合った数回の喜びの感情は言葉に出来ない程のものです。大事な試合でゴールを決めた瞬間、全員で勝利を掴み取った瞬間、タイトルを獲った瞬間。その瞬間に味わった気持ちや、仲間と見た景色はこれから一生忘れることの出来ない経験になると思います。もしサッカーのない人生を過ごしていたとしたら、あの瞬間を超える”最高の瞬間”には出会えていなかったでしょう。サッカーが教えてくれた、私にとってはかけがえのない財産です。

 

“出会い”

私はソッカー部女子の副務・主務を務めさせていただいたお陰で、沢山のOG・OBの方々、地域の方々、その他慶應を応援して下さる方々に出会うことが出来ました。
特に下田では「下田の父」である宮澤さんに出会うことが出来ました。何でもお見通しの宮澤さんには少々甘やかされ、少々厳しく指導いただきました。人生相談をするなら母親の次に宮澤さんでした。相談したいことは本当はまだまだ多くありました。宮澤さんに関しては夏穂のブログに全て書かれているので是非ご覧下さい。(http://keio-soccer.net/diary/12097.html

)「素敵なOLになってね」という最期の言葉を実現出来る様に一生懸命生きたいと思います。
4年間、なかなかチームとして結果を出せず、時に厳しい言葉をいただくこともありました。しかし、陰ながらに応援して下さっている方々の存在を知ることが出来たこと、様々な人の支援や応援の上にこの組織が成り立っていることを肌で感じることが出来ました。激励の言葉をいただく度に、これまで紡がれてきたソッカー部の歴史や想いを感じました。また、それぞれのカテゴリーでサッカーを通して尊敬出来る素晴らしい指導者や選手、仲間に出会うことが出来ました。

 

“考え続けること”

サッカーというチームスポーツにおいて”考えること”はとても重要だと思います。もちろん、組織の一員として、自分と向き合い、仲間と向き合い、学連・副務・主務・副将・主将などといった役職を決めるミーティングを通して沢山考える機会はありました。そしてそれと同様かそれ以上に、サッカー選手としてピッチ上で考え続けてプレーすること、ピッチ外でサッカー感を養うことの重要性を今更ですが大学生になってから知ることが出来ました。私は中学生の時に所属していたクラブチーム、高校生の時のサッカー部では”戦術”といった概念はありませんでした。そのピッチに立つ11人の適正を考えたフォーメーションを監督が考え、選手それぞれが自分の強みを生かしたプレーをする。これといった戦術があるわけではなく、個人のプレーの集合体であったように思います。そのお陰か、高校の頃は伸び伸びとプレーが出来ていたようにも感じます。
ソッカー部女子に入部してからは、”戦術”の概念が出てきました。1年目は岩崎監督の下、蹴るサッカーが主体でした。2年目からは伊藤監督の下、GKのビルドアップを始めとしたボールを大事にするサッカーへと移行しました。しかし、監督やコーチから提示されるサッカースタイル、プレーモデルが全てではありません。戦術においては、全員の共通理解があることが重要なことだと思っています。そしてそれ以上に、共通のプレーモデルを基盤として、選手一人ひとりが状況を見て考えて判断することが必要になってきます。プレーモデルに依存しすぎて自分たちがプレーを楽しむことを忘れてしまい、上手くいかないことをプレーモデル自体のせいにしてしまうこともありました。広いピッチで相手がいるサッカーではいつも練習通りにいくわけではありません。だからこそ、サッカーは面白いんだと思います。練習、試合において考え続け、学び続けること、そしてピッチ上で楽しむことを忘れずにみんなにはサッカーをして欲しいと思います。思い通りのサッカーが出来ず、悩むことも多いかと思います。ですが、伊藤監督・ケビンコーチの考えるプレーモデルと同じ絵を共有し合い、その上で一人ひとりが考え続け、生き生きとしたプレーをピッチで体現して欲しいなと陰ながら思っています。

最後は後輩へのメッセージのようになってしまいましたが、これら3つの他にも15年間のサッカー人生、そしてソッカー部女子の4年間で出来た気付きや学びは多くあります。これからは社会人というフィールドにはなりますが、考え、学び続けていきたいと思います。

 

最後に、これまでソッカー部女子を支えて応援して下さった方々、誠にありがとうございました。目標には程遠い結果となりましたが、沢山の方々の支えのお陰で何とかTEAM2019は一部残留をすることが出来ました。来年度は後輩達が一部の舞台で躍進してくれると思います。今後共、ソッカー部女子へのご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

拙い文章ではありましたが、ご精読いただき誠にありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ