リレー日記

悔しさをバネに(1年高月彩香)

 リレー日記をご覧の皆様、初めまして。
この度リレー日記を担当させていただきます、環境情報学部1年の高月彩香と申します。いつの間にか日中は汗ばむような季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は大学という新しい環境に慣れ始め、文武両道を目指し充実した日々を過ごしています。
今回は初めてのリレー日記になる為、私のこれまでのサッカー人生について書かせていただきます。

 私がサッカーを始めたのは、小学校3年生の時でした。もともとは弟がサッカー、私は音楽に励んでいました。しかし、気付いた時には私がサッカー、弟が音楽に逆転し、今も尚真逆の方向へと進んでいます。小学生の時はJSC-CHIBAという男子チームに所属し、サッカー漬けの毎日を送っていました。ただただサッカーをすることが楽しく、夢中だった様に思います。中学生からはFC.VIDAという女子チームに所属し、チームメイトやスタッフにも恵まれ、濃い3年間を送ることが出来ました。今もまだ未熟ではありますが、私の様な背も低く足も速くない選手でも生きていく術を学び、ここに私の原点があると言えます。

 中学卒業後、私は村田女子高校サッカー部に入部しました。クラブチームとは一変し戸惑うことも多くありましたが、3年生の時にはチームの主将を務めさせていただきました。主将を務めた中で辛いこともありましたが、チームメイトや監督、スタッフ、そして家族に支えられ、自分自身何よりも成長出来た3年間だったと思います。しかし、その中でも結果を残すことが出来なかったという悔いもありました。この悔しさをバネに、次のステージでは結果を残したいという思いを胸にし、私はソッカー部女子に入部しました。

 入部から1ヶ月が経ち、開幕からの連敗や自身の怪我等今は上手くいっているとは言えない状況にあります。ですが、全てはここからです。今の悔しさを絶対に忘れず、1日1日を大切に取り組んでいきます。そして、「インカレベスト4」「早慶戦初勝利」という目標を目指し、チームとしても個人としても日々成長していける様精進して参ります。

 拙い文章ではありましたが、最後までご精読いただきありがとうございました。今後共応援の程宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ