リレー日記

今までの私とこれからの私(1年平田朋)

 ホームページをご覧の皆様、初めまして。この度リレー日記を担当させていただきます、環境情報学部1年の平田朋です。初夏を感じる気候になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。初めてのリレー日記ということで、これまでの私について書かせていただきます。

 私は4歳から始めたサッカーを、15年間続けています。父が高校時代までサッカーをしていたこと、私の姉と兄がサッカーを始めたこともあり、気が付けば私もボールを蹴っていました。それから、平日はスクールやトレセン、週末は試合、友達と遊ぶ時もサッカーといったサッカー漬けの毎日が始まりました。小学校4年生までは地元の栗東FCというチームに所属していました。しかし、より高いレベルでプレーしたいと思い5年生からは山田JFCという実家から少し離れたクラブチームに通っていました。中学時代は兄が所属していたYASUclubU-15という男子チームに所属し、高校は兵庫県にある全国優勝常連校の日ノ本学園高等学校に入学し3年間寮生活をしていました。高校3年間は決して楽なことばかりではなく、毎日死に物狂いで闘っていました。本当に3年という数字では表すことが出来ない程濃い時間を過ごし、多くのことを学ぶことが出来ました。逃げたいと思うことは何度もありましたが、仲間と共に切磋琢磨し日本一の景色を見ることが出来た時は、何よりも嬉しかったです。

 卒業後の進路選択は本当に迷っていました。しかし、練習参加した際に、学年問わず厳しく闘っている姿やチームの雰囲気を見て、私もソッカー部女子の一員となり「インカレベスト4」「早慶戦初勝利」という2つの目標を先輩方と共に成し遂げたいという強い気持ちを持ちました。最終的に、サッカー選手としてだけでなく、1人の人間として私自身が最も成長出来る大学は何処なのかと考え抜いた末に、慶應義塾大学への進学を決断しました。

 今の私はサッカーの面だけでなく勉学の面、精神面等多くの部分でまだまだ未熟です。しかし、日々精進し自分の目標に向けて沢山の知識と経験を積み、成長していきたいと思います。また、「自分づくり」「仲間づくり」「感謝の心」を常に意識して過ごし、どんな状況が続いても、仲間と共に目標に向かって切磋琢磨し、自分を信じて努力し続けていきたいと思います。
拙い文章でしたが、最後までご精読ありがとうございました。
今後共温かいご声援を宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ