リレー日記

待望の日々(1年藤田椰也子)

ホームページをご覧の皆様、初めまして。今回リレー日記を担当させていただきます、経済学部1年の藤田椰也子と申します。
大学に入学して、もう少しで2ヶ月が経とうとしています。初めてのことにドキドキワクワクしていた大学生活が日常に変わりつつあり、少し寂しく思います。

私は、ソッカー部女子に入部する為に慶應義塾女子高等学校を目指しました。晴れて合格し、スマートフォンを手に入れて早速女子ソッカー部のリレー日記を読み漁りました。素晴らしい文章を書き連ねる先輩方を見て、ますます格好良さと憧れを感じたことを今も覚えています。
そんな憧れでいっぱいのリレー日記をとうとう任されることになり、「遂に…!」というワクワク感と緊張で落ち着きません。
今回は、そんな私のこれまでについて書かせていただきます。

残念ながら高校にはサッカー部がなかった為、高校時代は東京都にあるSOCIOS.FCに所属していました。しかし、私は高校1年生の終わりと高校2年生の終わりに前十字靭帯を断裂してしまいました。その影響で高校2.3年生の殆どはサッカーの出来ない日々を過ごしました。それまで怪我とは無縁だった私は、”サッカーが出来ない”という環境がこんなにも苦しいことであることが理解出来ていませんでした。特に2回目の断裂時には主治医の先生にも「もうサッカーは辞めて、安全な競技をやった方が良い」と勧められました。そこまで言われても尚サッカーに拘り続けたのは、慶應ソッカー部でサッカーをする、という強い決意があったからだと思います。何ヶ月にも渡るリハビリは、時には辛いと感じてしまうこともありましたが、受験がなく思い切りトレーニングに専念出来たことや、大学でサッカーを続けられる環境が待っていたことでどうにか乗り越えることが出来ました。
また、1度目のリハビリを反省し、2度目のリハビリは怪我をしない体作りをとことん追求しました。2度リハビリを行ったからこそ、自分自身をもう一度見つめ直すことが出来ました。
そして今年の2月に無事復帰し、改めてサッカーの楽しさ、面白さを感じています。そして、元気にサッカーが出来ることに幸せを感じます。復帰後は、自分のイメージと現実の差に驚き、なかなか練習についていけませんでしたが、優しく声を掛けて下さる方々のお陰で日々練習に励めているのだと思います。

入部して2ヶ月、チームはなかなか勝利出来ない状況でありますが、「早慶戦初勝利」「インカレベスト4」という目標を達成するべく、日々取り組んで参ります。自分自身は、とにかく最も高いパフォーマンスが出来る状態へ、早く戻れる様に精進して参ります。
また、素敵な先輩方と大好きな同期に囲まれ、憧れのソッカー部でサッカーをするこの贅沢な環境に慣れることなく、貪欲に自分の目指すサッカーを追求していく所存です。
拙い文章になりましたが、最後までご精読頂きありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ