リレー日記

下克上(2年佐藤幸恵)

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。周りがどんなに熱くなっても冷静且つ献身的なプレーでチームを支え、未だ標準語に染まらない関西弁と愛嬌のある笑顔で誰からも親しまれている同期、足立智佳からバトンを引き継ぎました、総合政策学部2年の佐藤幸恵です。今年は例年にない早さで梅雨が明け、夏本番の暑さが続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。早慶定期戦を目前に控えた2度目のリレー日記ということで、今年の早慶戦への意気込みを綴らせていただきます。

予想を遥かに超える規模の大きさに興奮し、自分のプレーをすることに精一杯だった昨年の早慶定期戦から早1年が過ぎました。昨年度は、関東女子サッカーリーグ、関東大学女子サッカーリーグ共に入替戦を闘い「W昇格」を達成しました。年間を通しチームとして右肩上がりで結果を残したTEAM2017とは一転、TEAM2018では関東女子サッカーリーグでは現在1勝6敗1分暫定7位、中々勝つことが出来ない非常に厳しい現状が続いております。しかし、多少の波はありますが、その中でも少しずつ成長していると実感しております。

そんな中で行われる第17回早慶女子サッカー定期戦。私たち慶應が勝てると思っている人はどれ程いるでしょうか。恐らく、大半の人が例年通り早稲田が勝つと思っているのではないでしょうか。慶應は、早稲田相手に関東女子サッカーリーグで前期は1-9、後期は0-4と大敗を喫しています。だからこそ私は、早慶定期戦という最高の大舞台で、今までどんなに負け続けても応援して下さっている方々に「勝利」という結果で恩返しをしたいと思います。私たちにはもう何も失うものはありません。何も恐れることはないのです。体を張って泥臭く闘い「下剋上」を起こしたいと思います。自分たちを信じ、試合終了の笛が鳴るまで走り続けゴールを狙う慶應らしいサッカーで初めての「早慶戦勝利」を目指します。
また、今年の早慶戦において私は、「得点に関わる」ことを目標としています。今年度、1部という高いレベルの中で闘っていて、昨年よりも守備をする時間が多くなりました。しかしどの試合にも、必ず慶應がボールを持てる時間があるのも事実です。その時間帯にゴールを決められなければ、非常に厳しい試合展開になると感じています。私のポジションはDFですが、果敢に攻撃参加をすることでチャンスを作り出し、得点に関わり必ず勝利を掴み取り、慶應義塾体育会ソッカー部に関わる皆様と勝利の喜びを分かち合える様全力を尽くします。

拙い文章でしたが、最後までご精読ありがとうございました。
今後とも、温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ