リレー日記

『夢と選択と挑戦』(2年行德のえ)

IMG_0651ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

入部から着実にサッカーのスキルを上げている、とっても構ってほしがりな1年深澤菜月からバトンを受け取りました、法学部政治学科2年の行徳のえです。

法学部政治学科といえば1年佐藤真智も同じ学科で、同じ所属のチームメイトができたのでとても嬉しく思っております。

深澤菜月、佐藤真智、共にサッカー経験は浅いながらも入部当初からすごいスピードで確実に上手くなっており、同じプレーヤー1年目として負けていられないな、という気持ちでサッカーと向き合っています。

プレーヤー1年目という言葉が出ましたが、実は今シーズンからゴールキーパーとしてソッカー部でプレーさせていただくこととなりました。

昨年の8月に書いたリレー日記では、はっきりと「私はもうサッカーをプレーすることはありません」と書いていたのにも関わらず、です。

なぜ、復帰しようと思ったのか。

「このチームでサッカーがしたい」「全国大会という舞台に立ちたい」、この二つの理由があったからです。

昨年、TEAM2019にチーム初の学生トレーナーとして入部した私はその仕事にとても大きなやりがいを感じていました。

初めてできた役職だからこそチャレンジできることが多く、試行錯誤しながら自分の在り方を探る毎日でした。

しかし、どこかでサッカーを諦めきれていない自分がいました。

小さな頃からサッカーをやっていて、かれこれサッカー歴は10年以上になりますがその中で何か大きなことを成し遂げたられたことはありません。ずっと夢見ていた全国の舞台も、まさに雲の上にあるようで全く手は届きませんでした。届く気もしないような日々を中学高校では過ごしていました。

しかし、大学生になり、ソッカー部女子に入部して、「全国」の二文字がとても近くなったのを感じました。恵まれた環境、伊藤監督を始めとした豪華な社会人スタッフの皆様、OBOGの方々からの大きな支援、まさに全国レベルの選手がひしめき合うこのチームにいることで、私の幼い頃から抱き続けてきた夢が大きくなっていきました。

全国に行きたいという願いを持ち、全国に行ける力があるこのチームに所属し、一緒に上を目指していける仲間がいて、サッカーをやりたい気持ちは日毎に増していきました。

このサッカーをしたいという気持ちに蓋をしていた私を、その蓋を開けてくれて、またピッチの上に立たせてくれた人達には本当に感謝が尽きません。

2年というブランクは想像以上に大きく、今シーズンに入ってからもすでに度重なる怪我でチームに何度も迷惑をかけてしまっていて非常に不甲斐なく、申し訳ないと思っています。

でも恩返し出来るように、チームの勝利に貢献出来るように、成長した姿を見せられるように、そして悲願達成の為必ず強くなります。

また、スタッフと選手、どちらも経験した私だからこそ出来る貢献があると考え、チームの目標達成の為に出来ることには全て全力で取り組むつもりです。

そして、今回は2回目のリレー日記ということで、入部前から画策していたことをやらせていただきます。同期紹介です。と言いますのも、先輩方がリレー日記で二回目が回ってきたら同期紹介をされているのをいくつか拝読し、その伝統を引き継いでいきたいなと思ったからです。

では、個性豊かな同期の紹介をさせていただきます。

 

・高橋佳里(背番号4)

長いリハビリ期間から復帰した、鮮やかなボールさばきを見せる中盤の要である。少ないタッチ数で前線に針穴を通すような配球をする超絶技巧を見せる。ピッチ外では学連としてチームに貢献してくれていて、その仕事も淡々とこなしてしまう。彼女とは寮で同部屋だが、多才な彼女が奏でるピアノとウクレレの音色にはいつも癒されている。

・秦野くるみ(背番号8)

足とボールがもう完全にくっついてしまっている。普段は寡黙だがピッチ上でのプレーは熱々だ。今も寡黙ではあるが、去年と比べると部室で声を聞く回数は激増した。ピッチでは精巧でありつつも大胆に攻める姿勢でゴールに迫るので、彼女からは本当に目が離せない。そして彼女は何と言ってもおしゃれで、個人的には彼女にとても憧れている。

・ブラフフェイ(背番号16)

強靭なフィジカルを持つオールラウンダー。パワフルなプレーでどんなポジションからでも相手ゴールを脅かす。まさに努力の塊で、本当に尊敬が止まない。寮に帰れば抜群の料理センスでとても美味しそうなものを作っている。一見クールな彼女だが、ふとした瞬間に見せる無邪気な姿にときめかない者はいないだろう。

 

ここでは書ききれないほどの魅力に溢れている私の同期ですが、実は様々な理由で同時期4人でプレー出来たことはありません。

いつか4人一緒にピッチに立つ日を心待ちにしています。

拙い文章ではありましたが、最後までご精読いただきありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ