リレー日記

『原動力』(3年藤田椰也子)

IMG_9930リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。
マイペースで女子部の癒しキャラ、ピッチ内では慶應のゴールゲッターとして数々のゴールをしてきた4年山本華乃よりバトンを受け継ぎました、経済学部3年副務の藤田椰也子です。
今回は、私の同期の2人を紹介したいと思います。

背番号24、髙月彩香。
彩香の優しさとキラキラした笑顔に引き寄せられ、彩香の周りはいつも明るいです。学年で話すときは、私やりえこにはない客観的な視点で物事を見ているので、いつも話をまとめてくれて助かっています。
彼女を語る上で欠かせないのが、食べ物に対しての貪欲な姿勢。食べ物を見つけたときの嬉しそうな様子、美味しいものを幸せそうに食べる姿を見るのが大好きです。
そんな誰からも愛される彩香ですが、今年は関東学連の幹事長として、大学リーグやインカレを運営してくれています。効率的に仕事をこなす上に計画的で、締め切りに追われる姿を一度も見たことがありません。また、短い期間での集中した受験勉強で慶應に合格するなど、賢さも持ち合わせています。
ピッチ内では繊細なボールタッチから繰り出されるドリブルで、慶應の攻撃の要です。

背番号32、中井里衣子。
里衣子の特徴は、何といってもコミュニケーション力!気配りが出来て話しやすいので、先輩・後輩、みんなから愛されています。サッカー経歴からも、友達が多く、練習試合をすれば対戦チームに100%の確率で里衣子の友達がいるでしょう。顔の広さにはいつも驚かされます。そんな里衣子の行動力はピカイチで、新入生勧誘や、SNSの動画を作ってくれたり、様々なアイディアを出してくれたり、とピッチ内外でチームを支えてくれています。
試合ではフリーキックのキッカーとして、たくさんのチャンスを作り出してきました。また、里衣子の声に励まされている人はたくさんいると思います。

以上、2名の同期と3人で活動しています。
辛いことがあったときは一緒に泣いてくれたり、励ましてくれたり、この一年間だけでもたくさん助けられてきました。
副務として活動した2020年、幹部として、上級生としてチームに向き合う中で、今まで感じたことのない想いをする経験がたくさんありました。様々な想いが自分の糧となり、今の自分を作っていると思います。
そんな私から見るTEAM2020の強みは“全員が自分らしく頑張れるチーム”です。目標に向かって努力し続けて、チームのことを一生懸命考える、“想力”を持ったチームだと思います。
現在私たちは、今シーズンラストの試合である1月9日(土)の早慶定期戦に向け、準備をしています。それぞれの立場で奮闘する全員の想いを一つにして、絶対に勝ちます。

最後になりましたが、10月に自身4度目となる前十字靭帯損傷という大怪我をしました。
ここまで怪我をしても、どうしてサッカーを続けるのか。強いアスリートが言うようなかっこいい理由は語れません。ただ、慶應の仲間と一緒に、みんなでサッカーがしたい。普段はたわいもない会話で爆笑して、ふざけているけど、練習や試合になるとバチバチやりあって、勝利に向かって真剣に闘う、、、こうやって皆で本気でするサッカーが大好きです。今でも練習や試合をしている皆を見て、サッカーが出来ない自分の現状が不甲斐なくて、悔しくてたまらなくなるときがあります。ですが、その思いをパワーに変えて、復帰に向けて取り組んでいこうと思います。また、何度怪我をしてもサッカーを続けられる環境があって、復帰を待っていると言ってくれる人がいて、自分は恵まれているなと改めて感じております。この環境に感謝して、前向きにリハビリに取り組んで参ります。
最後までご精読いただき、ありがとうございました。

S__505880991

記事一覧

月別アーカイブ