リレー日記

3年 佐々木優

リレー日記をご覧の皆様、お久しぶりです。私、学生トレーナー、慶應サッカースクール学生コーチを務めさせていただいております、商学部3年の佐々木優と申します。ポジションはGKです。
今回は約一年前のリレー日記に続き、お世話になっている方々を紹介するシリーズで、男子部のGKの師匠達についてご紹介させていただきます。私は昨年より男子部の髙橋GKコーチのご厚意で、女子部の臼井GKコーチのいらっしゃらない平日に、男子部のGKトレーニングに参加させていただいております。初めは練習に付いていくこともままならない状態でしたが、徐々に出来るプレーも増えてきて、段々とGKらしくなってきたのかなと、日々実感しています。また、男子部のGKの選手方とも徐々に打ち解けてきて、髙橋GKコーチがいらっしゃらない時でも、私を練習に誘ってくれる様になりました。
さて、前置きが長くなりましたが、本題に入ります。まずは尊敬すべき四年生のお二人です。“あまげんさん”こと、天野弦さんは主務を務めていらっしゃる方ですが、練習中は気合を入れる為に、いつも全身に水を浴びていて、びしょびしょに濡れています。スパイクも濡れているので、あまげんさんが歩く度に“ぐちゃ、ぐちゃ”と音がします。そして福本晋也さんは小食で、痩せていらっしゃいます。運動神経が良くて、パントキックがとても正確です。次に、私の同期の三年生です。同期は最も多い、大畑貴裕、三本松優、増川翔太、峯達也の四人です。大畑は面白くて、ピアノが弾けます。大雑把な所もありますが、実は優しいです。私と同じ学生トレーナーとして頑張っています。“さんぼん”こと、三本松は、とにかくマイペースです。自分ではマイペースなことに気付いていないという程マイペースです。増川は繊細で、優しくてイケメンです。同じ商学部なので、勉強も一緒に頑張っています。峯は頼れる私の師です。いつも自信に満ちていますが、たまに素直に落ち込んでいる時もあるので要注意です。そして、二年生の宮原隆志はとても落ち着いています。“さんぼんの弟”こと、一年生の水谷正芳は三本松の高校の後輩です。現在はリハビリ中で、復帰に向けて頑張っています。以上の八名が私の師匠達です。師匠達に少しでも近付ける様に、謙虚に努力して参ります。
今年は女子部にも中田栞というGKが新たに誕生しました。彼女はGK初心者ですが、非常に真面目な性格で、毎日の練習に真剣に取り組んでいます。GKが二人になり、競争も生まれています。二人で切磋琢磨し合える、良い関係を築いていきたいと思っております。
女子部は現在、第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選を戦っております。未だ成し遂げたことのない、TEAM2013の目標の一つである「全日本東京都予選優勝」に向かい、部員一同日々精進して参りますので、ご声援、ご指導の程、宜しくお願い致します。長文となりましたが、最後までご精読していただき、誠にありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ