リレー日記

4年 渡邊紗絵

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
圧倒的なズボンの短さを誇り、そのインパクトで老若男女誰をも魅了する同期、児島愛子からリレー日記を引き継がせていただきました、環境情報学部4年並びに体育会本部専任常任委員の渡邊紗絵です。
インパクト児島と出逢った瞬間の衝撃は今でも忘れられませんが、4年前の丁度同じ時期、私はこの出逢い以上に忘れられない運命の出逢いを経験しました。

それは私が初めて下田グラウンドに足を踏み入れた時でした。
初めてソッカー部女子に出逢った日でした。
「4年間、ここでもう一度本気でサッカーをしたい。」そう感じた瞬間でした。

私は極めて単純な人間です。
「運命の出逢い」を信じてしまう人間です。
そして4年前のあの日、ここソッカー部女子に自分の居場所を見つけました。
運命的に、家族の様な存在の皆に出逢いました。
入学前に想い描いていた「キラキラ女子大生」という夢を一瞬にして故郷に捨て、日吉の地に降り立ちました。
一度は嫌いになり、離れたこのサッカーのピッチにもう一度立ち、本気でこの仲間とボールを追い掛けたい、心からそう思いました。

あれから4年、気付けば4年の月日が流れました。
入部当初、ちんちくりんだった私も、遂に4年生になりました。
そして先日、私にとって4回目、そして人生最後の早慶女子サッカー定期戦を終えました。

1年目、入部してすぐに迎えた初めての早慶戦。怪我でチームを離脱していた私はピッチの外でカメラ係。慶應のエンブレムを胸に、黄色いユニフォームに身を纏い懸命に早稲田に食らい付く先輩達の姿を見て初めて、「早慶戦」を知りました。

途中出場をした2年目、3年目の早慶戦。ピッチに立つ者だけではない、私達を陰で支える運営陣がいること、ご支援ご声援をして下さるOB・OGがいること、足を運んで応援に来て下さる方々がいること、色々な人の想いを背負って闘う「早慶戦」を知りました。

そして迎えた4年目の早慶戦。ロッカールームで、それぞれ想いを抱きながら全員で円陣を組み臨んだ試合前。この時私は、「必ず試合に出て4年生として全力でプレーをする」そう胸に誓っていました。
しかしこの日は結局、私は最後までピッチに立つことはありませんでした。
早慶戦勝利というチームの目標も果たすことが出来ませんでした。

そして私は、最高学年としてピッチの上で下級生を引っ張るという努めすら果たすことが出来ない、不甲斐ない「早慶戦」を経験しました。

本気でボールを追い掛けることが出来るのもあと半年となりました。
本気になれるのも、本気でいられるのも、家族の様な仲間達と切磋琢磨し合えるのも、あと半年となりました。

TEAM2014に残された目標は関東大学女子サッカーリーグ「一部昇格」のみとなりました。
私に残された目標も「一部昇格」のみとなりました。

秋から始まる関東大学リーグに向け、個人としてもチームとしてもこの夏を越えレベルアップし、必ず9月のピッチで成長した姿をお見せすることが出来る様、精進して参ります。
どうか皆様、後期も温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

それでは、外国人の少年の様な外見を持つルーキー、先日のフットサル大会で決勝点を上げた下田のジャスティン・ビーバー、法学部政治学科1年高見澤るりにリレー日記を引き継ぎたいと思います。
ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ