リレー日記

1年 高見澤るり

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
この度、いつも美声を響き渡らせている下田の歌番長こと4年の渡邊紗絵さんからリレー日記を引き継ぎました、法学部政治学科1年の高見澤るりと申します。
今回の初のリレー日記では、先日のフットサル大会で、初得点をし、自信を付け始めている私の、入部からの2ヶ月間を振り返らせていただきます。

中学・高校でバスケットボールをして来たこともあり、大学に入学した頃はまだバスケットボールを続けるだろうと思っていました。バスケットボール以外の体育会の勧誘は何となく程度で聞いていました。ソッカー部女子にも友達に付いて行く形で見学に行き、説明会が行われた教室に来ていた先輩は数名だけでしたが、とても活気があったことを覚えています。そのまま体験練習に参加して、より多くの、元気一杯の先輩方とお話し、終わる頃には心がソッカー部女子に傾いていました。体験会でチーム全体の学年関係なくまとまった空気を感じ、私もこの中に入りたいと強く思いました。入部した理由を色々なところで聞かれますが、何と言ってもそれは、ソッカー部女子の圧倒的な部内の雰囲気の良さや明るさでした。一生物の仲間に出会える気がしました。

入部してから気付いた良さは、1年生から4年生まで部員一人ひとりが何かしらの仕事を持って部に関わっているというところです。全員が自立している印象を強く受けました。ほぼ全てに於いて学生主体で活動していて、私が特に驚いたことが、学生、選手が大会をも運営していることです。先日行われた早慶女子サッカー定期戦では、両校の主務副務やマネージャーを中心に会場確保から当日の段取りまで全てを取り仕切り、選手でありながら運営も担っている方々に感銘を受けました。

授業に課題、部活で忙しくも充実した日々はあっという間なもので、早くも1年の前期が終わり、大学からサッカーを始めた私にとって、思いっ切りサッカーに時間を使える勝負の夏がやって来ます。新しいことを始めたからこそ、上達して試合に出て活躍したいという気持ちを常に持って練習に励んで参ります。

拙い文章になってしまいましたが、私が言いたいことは、つまり、ソッカー部女子に入って良かったということです。
このソッカー部女子で4年間やり抜く覚悟を改めて致しましたところで、まずは、目前に控える夏の遠征で自分の限界に挑戦し、何倍にも成長して帰って参ります。
今後共温かいご声援の程、宜しくお願い致します。
それでは、姉の様な存在でありながらも、部員にちょっかいを出したりもするやんちゃな先輩、2年の田中康子さんにリレー日記を引き継ぎます。
ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ