リレー日記

2年 堀井美月

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。万物を数値に落とし込み、常に数理的なツッコミを上から降り注いでくる、声も背も知能も高い理数系女子、同期の竹内瑞穂からリレー日記のバトンを引き継ぎました、環境情報学部2年の堀井美月です。

今年も漸く12月に突入し、毛布一枚では眠れない寒さになって参りました。故郷、青森県むつ市では既に初雪を迎えており、我が家は常に暖炉に薪をくべ続けなければ生活出来ない様です。私事、東京にも早く雪が降らないかなぁと何となく期待している今日この頃です。

先月は、念願の関東大学リーグ『一部昇格』を果たすことが出来ました。これまでTEAM2014で積み上げて来たものを体現し、結果として今まで支えて来て下さった沢山の方々に恩返しすることが出来たことを本当に嬉しく思うと同時に、1部という更なる厳しい舞台で戦い抜く準備をして行かなければならないと真剣に考える様になりました。今年の関東大学リーグでは、個人的には、得点を重ねることが出来たものの、果たして一つ一つの試合の中で自分の最大のサッカーパフォーマンスを十分発揮することが出来たのかと疑問を感じております。

さて、今回は『モチベーション』についてお話させていただきます。自分自身のパフォーマンスを最大限に発揮することは、スポーツ選手の能力として欠かせないもので、それは、メンタル・スキル・フィジカル等のバランスがより高く保たれていることが重要になります。私は、その中でメンタル面を上手くコントロールする為、『モチベーション』を上げるということを、高校時代からの習慣として意識して取り組んで参りました。モチベーションを上げる一つの方法として『音楽を聴く』ということが私の習慣としてあります。試合や練習前だけではなく、一日の始まりや終わり等、様々な場面で音楽を聴くことにより自分のメンタルを上手くコントロールしています。ここで、関東大学リーグ期間中や早慶戦等、大事な試合の前には必ず聴く一番私のモチベーションを上げてくれる曲を紹介します。それは、いきものがかりの『心にある花を咲かせよう』です。

『輝いた今日に感謝と惜しみなく続く拍手を
燃え尽きた僕等が今抱く誇りこそ持つ蓂必然
いつか今日が過去に変わり「今」に負けそうになっても
僕達は思い出すだろう 情熱に染まった日々を』

この曲は5年前に全国高校サッカー選手権大会の応援ソングとして使用された曲で、プレッシャーに押し潰されそうになった時や上手く行かなくて苦しい時に、いつも私の背中を押してくれました。「今まで、自分がやって来たことは間違ってない。自信を持ってこの試合に挑もう。」と、鼓舞する力をカラダ一杯に貰えます。それが原動力となって良いパフォーマンスに繋がると信じています。
私の場合は、主にサッカーに対してのモチベーションを上げることが重点となりますが、他にも、仕事や勉強等、自分が今一生懸命取り組んでいることに対して、より高いモチベーションで挑むことは非常に重要なことです。私には心と身体に響く沢山の音楽があります。日常生活の中で、様々なシチュエーション毎に音楽を替えモチベーションスイッチを使い分けることを意識した生活をこれまで心掛けて参りました。それが自身の充実に繋がっていると感じています。
皆さんも音楽を聴くこと等、何か一つモチベーションを上げさせてくれることを見つけ、それぞれが決めた大きな目標の達成に、一緒に邁進しましょう。

東京都リーグはラスト4節となりましたが、上手くモチベーションを保ちながら最後まで全員で一戦一戦戦い抜き、全勝で関東リーグに向かって励んで参りたいと思います。温かいご支援ご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。次は、部室での体育座りはお手の物、いじられキャラは譲れない、静岡から来た心優しきシュールな女性、環境情報学部3年の梅原那奈さんにバトンを渡したいと思います。ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ