リレー日記

1年 芦村佳那子

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。薬学部1年井原美和よりリレー日記を引き継ぎました、経済学部1年の芦村佳那子です。外にいるだけで汗が出る程の暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回が初めてのリレー日記ということで、私自身の自己紹介をさせていただきたいと思います。

私がサッカーを始めたのは中学1年生の時でした。慶應義塾湘南藤沢中高等部(以下SFC中高)の女子サッカー部に入部し、中高6年間続けました。サッカーを始めたきっかけははっきりしていません。小学生の時にバレエや書道、ピアノ等女の子らしい習い事ばかりやっていましたが、どれも続けたいという意志がなく、スポーツがしたいという気持ちから体育会系の部活を探しました。その中でも一際格好良く、雰囲気が良かったのが女子サッカー部でした。

SFC中高の女子サッカー部は決して強いチームとは言えません。しかし、その環境の中でも私は多くのことに気付かされました。努力を続け、自分を信じ、諦めないことで、自分にも出来ることがあるということ、目標に向かう楽しさ、そして、何よりもサッカーが大好きだということ。自分自身に実力がないことは重々承知しています。しかし、それでもこの慶應義塾体育会ソッカー部女子というレベルの高い環境でサッカーを続けることを選ばせていただいたのは、中学生の時から今までの人生の大半を占めて来たサッカーというものをこれからも全力でやりたい、目標を掲げたい、もっと強く、上手くなりたいと思ったからです。それに加え、この部活は、笑いが絶えず、そして、サッカーに対する真剣さも絶えない、最高の雰囲気を作り出していました。大学に入学し、部活の体験に行った時、「私もここに居たい」と強く感じました。

この方々と一緒にサッカーが出来るのなら他の時間がなくなっても良いと思える程の部活、先輩に出会うことが出来た私は、自分の選択は正しかったのだと日々感じております。先日、私達ソッカー部女子は4泊5日の合宿をして参りました。私は、サッカーを始めてからの6年間、人一倍努力して来たつもりでしたが、正直なところ、今までの努力は何だったのかと思う程自分の実力を未熟に感じ、また辛さも感じる合宿でした。しかし、自分の限界を超えることでしか成長をすることは出来ないのだということも改めて感じることが出来ました。そして、自分はまだまだ努力が足りないのだということに気付かされました。合宿を終えた今、私はこれからも決して挫けず、努力して行く所存です。まだまだ至らないところばかりですが、この素晴らしい環境に甘んじることなく、そして支えて下さる全ての方への感謝の気持ちを忘れることなく、オンザピッチ、オフザピッチ共にチームへの貢献が出来る様、日々精進して参ります。今後共温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ