リレー日記

2年 志鎌奈津美

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。環境情報学部新2年の志鎌奈津美と申します。入部してから早くも2回目のリレー日記となりました。今回は、今年度の個人テーマと先日初めて参加させていただいた地域対抗戦、東西対抗戦について紹介させていただこうと思います。

私の今年の個人テーマは「変化」です。以下の意味があります。

•状況に応じた様々な変化、要求に応えられる人になる。
•相手にとって恐い選手、味方に常に必要とされる選手に化ける。
•自分から物事を良い方向へと変化を与えることが出来る様になる。

「変化」を個人テーマにした理由は、昨年慶應に入学し環境が変わる中、1年を通してサッカー面でも、その他の部分でも求められているものに対して応えることが出来ませんでした。また、上手く行かない状況を打開することがなかなか出来なかった様に感じます。その為、今年は自分から状況を打開し、変化を与えられる様なアクションを起こして行きたいと思いました。また、現段階の自分から一歩成長する為には先ず自分自身が変わらなければ成長出来ないと思い、このテーマを設定しました。

HPのブログでも紹介がありましたが、2月22日(月)〜25日(木)に大学女子サッカー地域対抗戦2016、2月27日(土)に東西対抗戦が行われました。私は、西関東大学選抜チームとして初めて参加させていただきました。サッカーや講義、異なる考え方を持つ選手と過ごし、様々なことを学ぶことが出来、強く感じたことがあります。それは、自分の意識、行動次第で何でも出来るということです。普段とは違う環境の中でするサッカーは、いつもより自分の長所を出すことが出来た場面があった反面、全く上手くいかないこともあり、多くの課題が見付かりました。「上手い選手」はこんなにも多くいるものだと改めて痛感しました。私は「上手い選手」ではありません。そこで、「上手い選手」には出来ない様な、自分にしか出来ないプレーを突き詰めて行きたいと思いました。勿論、課題を克服する為の練習は怠らずして行かなければなりません。しかし、他の選手と違いを持つ為には同時に長所も磨いて行きたいと思います。

また、講義中の「It’s up to you!」という言葉が印象的でした。今後私がレベルアップ出来るかどうかも、慶應として強くなれるかどうかも、全て自分の意識次第で変えることが出来ると感じました。この経験は私にとって今年の個人テーマである「変化」をし、「変化」を起こすための一つのきっかけにすることが出来たと思います。簡単なことではありませんが、今年1年掛けて大きく「変化」し、必ず誰が見ても成長したと言われる様精進して参ります。

現在私達塾ソッカー部女子は、来月に控えた本格的なシーズンインに向け、部員一丸となり練習に励んでいます。今年度のスローガンである「Smile」を胸に、年間目標の「インカレベスト4」を達成出来る様、日々努力を積み重ね、全員で闘って参ります。今後共、ご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ