リレー日記

4年 小茂鳥萌

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。
お喋り上手で我等の頼れる守護神、主将の野村智美からバトンを引き継ぎました、商学部新4年主務の小茂鳥萌と申します。

2月11日にシーズンインをし、ソッカー部女子での最後の1年が遂に始まりました。私がソッカー部女子について考え出したのが丁度3年前のこの時期でした。ソッカー部女子の存在を知り、興味を持ち、当時、話したことはほぼなかった慶應義塾女子高校の先輩である田畑加穂梨さんに突然SNSでメッセージを送ったことをとても懐かしく感じます。そんなソッカー部女子との出会いから3年が経ち、これから始まる1年は何をするにも「ラスト」という言葉が付きます。きっと、この1年はあっという間に過ぎてしまいます。だからこそ、一瞬一瞬を大切に頑張っていきたいと思います。

先日、TEAM2017のチームスローガンが『繋ぐ』に決定致しました。この言葉を聞くと、2年生の夏から冬に掛けて行った副務を決める為の学年ミーティングが鮮明に思い出されます。私たちの学年の軸は「繋がりを大切にすること」でした。先日のブログでもお伝えした様にこのスローガンには、多くの意味が込められています。ソッカー部女子を築き上げて下さった先輩方の想いや伝統、応援して下さる皆様との繋がりを大切にして、一つ一つの勝利を1部昇格に、そしてソッカー部女子がまたインカレに出場し、西が丘の舞台に立てる様に繋いでいきたいと思っております。
私個人としては3つの『繋ぐ』を意識していきたいと思っています。1つ目は、ソッカー部女子の運営です。昨年度でマネージャーが引退してしまいました。今ソッカー部女子の運営を知っているのは私だけです。だからこそ、私が昨年で培ったものを繋げていかなければならないと思っています。2つ目は、サッカーに於いてです。ソッカー部女子は様々なバックグラウンドを持った選手が集まっています。私は、中学、高校ではバスケ部に所属していた為バリバリのサッカー経験がある訳ではありません。それでも、自分が出来ることを全て出し切りこれからもソッカー部女子に、初心者が頑張れる環境を残していきたいと思います。これまでの先輩にも、初心者でも試合に出ている人、頑張ることで周りに影響を与えている人がいました。その先輩たちの想いを私は繋げていきたいと思います。3つ目は、副務を決める際に皆から大事にしてほしいと言われた人との繋がりです。ピッチ内外共に沢山の人とコミュニケーションを取り、ソッカー部女子での繋がりを大切にしたいと思います。

今年度は、「1部昇格」「早慶戦勝利」を目標に1年間取り組みます。ラスト1年を後悔無く終えることが出来る様に、年間目標でもある「全部全力」を常に意識して参ります。今年度もご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。