リレー日記

1年 足立智佳

ホームページをご覧の皆様、初めまして。
この度リレー日記を担当させていただきます、環境情報学部1年の足立智佳と申します。今回は私にとって初めてのリレー日記ということで、私自身のことについて書かせていただきたいと思います。

私がサッカーを始めたのは小学校1年の時です。兄の練習を見に行った際に「一緒にやらないか?」とコーチからゲームに誘われ、初めてボールを蹴りました。その時サッカーがとても楽しいと感じたことを今でも鮮明に覚えています。それをきっかけに、私は小学校から中学校まで地元の学校の男子チームに所属し、プレーする様になりました。また小学校4年の頃からは女子のクラブチームにも所属する様になり、サッカー漬けの日々を過ごしておりました。サッカーが大好きだった私に、何も言わず思う存分打ち込ませてくれた家族には本当に感謝しています。

その後は大阪桐蔭高校に入学しました。ここでの3年間ではサッカーだけではなく、人として大切なことを沢山教わり、濃く充実した日々を送ることが出来ました。公式戦で初めてゴールを決めた日のことや、監督にサッカーを辞めろと言われた日のことは今でも覚えています。他にも、高校生活では悩むことや苦しいことも沢山あり、壁にぶつかることも、サッカーが楽しくない、やりたくないと感じることも何度もありました。それでも多くの困難を乗り越えられたのは、3年間共に過ごした仲間を含め、支えてくれる人が私の周りには沢山いたからです。高校生活での楽しかったことや嬉しかったこと、苦しかったこと、そして後悔したこと、全てが私にとっての大きな財産です。沢山の刺激を受け、自分自身と向き合い、悩み考え抜いたあの時間は私を大きく成長させてくれました。ここでの経験や学びは必ず、これからの私が進むべき道を指し示してくれるものになるはずです。サッカーを通じて素晴らしい指導者や仲間、先輩方等、多くの人々に出会えたことにも心から感謝しています。これからは、私がこれまでお世話になった方々に恩返しが出来る様、そしてもっと成長した姿が見せられる様、日々努力し続け、信念を持って毎日を突き進んで参ります。

関東に来てから早くも3ヶ月が過ぎました。サッカー・学業、共にレベルの高い環境での生活や慣れない関東での一人暮らしに苦労も多く、私にとってはあっという間の3ヶ月でした。成長出来る環境に身を置くことが出来ていることに感謝の気持ちを忘れることなく、チームの勝利に貢献出来る選手となれる様、精一杯努力して参ります。今後共、暖かいご声援の程宜しくお願い致します。

拙い文章でしたが、最後までご精読ありがとうございました。