リレー日記

2年 芳賀千歌子

ホームページをご覧の皆様、初めまして。今回リレー日記を担当させていただきます、環境情報学部2年の芳賀千歌子と申します。今回は初めてのリレー日記ということで、私個人のこれまでのことについて書かせていただきたいと思います。

私のサッカーとの出会いは、小学校1年生の時でした。友人の誘いで近所の高浜アローズという男子のクラブチームに所属し、サッカーに明け暮れる日々が始まりました。放課後は友人とボールを蹴って遊び、休日はチームの練習、というサッカー漬けの毎日でした。男子のチームということで苦労した部分もありましたが、それ以上にサッカーを楽しむことが出来たので、チームにはとても感謝しています。そんなサッカー漬けの6年間はあっという間に終わり、私は小学校卒業を区切りとして一度サッカーから離れました。中学校では陸上部に入部し、3年間を全うしました。

そして、八千代松陰高校に入学しました。希望の学校ではなかったのですが、女子サッカー部があり、運命的なものを感じて再びサッカーに没頭する日々が始まりました。この部活にはサッカーをする為にこの高校に入った人や初心者等、様々な人がいて、その中で全員が同じ気持ちで勝ちに拘ることは容易いことではありませんでした。しかし、その分チームで結束出来た時や勝つことが出来た時の喜びは計り知れないものでした。限界を自分で決めないこと、どうすれば良いプレーが生まれるのか試行錯誤すること、礼儀等、言い切れない程沢山のことを学びました。かなりハードな部活ではありましたがこの3年間がなければ今の私はありません。妥協することを許さず、厳しく指導して下さった顧問の先生、包み隠さず本音をぶつけたり励ましてくれたりしたチームメイトは、今でも私の宝物です。

部活と勉強の両立はかなり大変でしたが、両親や先生、友人のお陰で第一志望の慶應義塾大学に合格することが出来ました。1年生の始めの頃にフットサルのサークルに所属していたのですが、本気でサッカーをしていた身としては十分に楽しめることが出来ず、すぐに辞めてしまいました。1年生の間、最後の学生生活をどう過ごそうか悩みに悩みました。「私はサッカーが大好きで、やっぱりサッカーに関わりたい。しかし、関わるなら全力で取り組みたいが、怪我で十分なプレーは出来ない。じゃあ、全力で頑張っている人を全力で支えるのはどうだろうか」と考え抜いた結果、塾ソッカー部女子にマネージャーとして入部することを決断しました。マネージャーは私1人しかおらず、まだまだ慣れない部分も多いですが、指導者の方々、チームメイトに囲まれ、充実した日々を送っております。直接プレーする形ではないですが、チームの戦力になれる様、日々精進して参ります。
今後共温かいご声援の程、宜しくお願い致します。稚拙な文章ですが、ご精読ありがとうございました。