リレー日記

3年 志鎌奈津美

 ホームページをご覧の皆様、こんにちは。細長い手足と高身長を活かし、ピッチで闘うだけでなく、私生活でも最大限女子力を発揮する加藤楓琳からバトンを受け継ぎました、環境情報学部3年の志鎌奈津美と申します。学生の本分である勉強(テスト)を乗り越え、新シーズンを闘っていくに向けてモチベーションを上げております。

 皆様には人生で“一番響いた言葉”はありますか?
 今回は、私が何気なく見ていたTwitterの動画で槙野智章選手が話していた言葉がとても心に響いた為、紹介したいと思います。(以下、動画引用)

 “一番響いた言葉”
 これは今でも大事にしている。高校の時の監督さんに言われた言葉。
 『気持ちには引力がある』
 1つのボールが俺たちの方に転がって来いとか、この選手からボールを奪いたいって思えば思う程、自分の方に転がって来たりすることは決して運ではなく、その人が引き寄せているものなんだよね。だからいつも壁にこの大会は優勝したい、日本代表になりたいっていうのを常に書いてたもん。忘れもしないね、その言葉。

 「気持ちには引力がある」この言葉を聞いた時、私は多くの先輩方を思い浮かべました。私にとって先輩方は「慶應に入りたい」と思った理由の一つです。現在もコーチとして慶應に関わって下さっている松本朋子さんが率いたTEAM2015、クルクルの天然パーマで有名だった田中康子さんが率いたTEAM2016。どのチームでも、常に先輩方の熱い気持ちに引っ張られてきました。今年で第16回を迎えた早慶女子サッカー定期戦も、負けはしましたが、「絶対に早稲田に勝ちたい。」と沢山の想いを繋いできてくれた先輩がいたからこそ、着実に早稲田に近付いていると思える試合をすることが出来ました。
 誰にも負けない存在感でチームを引っ張るTEAM2017の主将の野村智美さんを始め、様々なバックグラウンドを持つ個性豊かな6人の先輩がいます。今年は1、2年生が多く試合に出ていますが、4年生がいるからこそ最大限の力を発揮して試合に臨めていると日々感じています。
 幸せなことに、思えば昔から私の周りには尊敬出来る人たちがいて、辛い時でも常に鼓舞し続け応援してくれる人たちがいました。私のサッカー人生で感じてきた気持ちを大切にし、支えてくれる人たちへの感謝を形にする。そして「気持ちには引力がある」という言葉を心に留めながら、ゴールを引き寄せ、勝利を引き寄せ、人の気持ちも引き寄せる位一瞬一瞬に気持ちを込めてサッカーに打ち込んでいきたいと思います。
 1ヶ月後には関東大学女子サッカーリーグが開幕致します。「1部昇格」に向け、強い気持ちを持って部員一同精進して参ります。今後共、ご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。