ブログ

蹴球祭レポート

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
10月10日(月・祝)に、下田グラウンドにて蹴球祭が行われました。毎年恒例の蹴球祭は、大学ソッカー部現役部員とOBの皆様、慶應義塾一貫校が交流し、関係を深めることを目的として開催されております。
女子部は、リフティングリレーやドリブルリレー、そしてOBの皆様と混合チームを作って闘うミニゲーム大会に参加しました。OBや現役といった垣根を越えた、熱い試合が繰り広げられ、ミニゲームの中でも沢山のご指導をいただき、とても楽しい時間となりました。
蹴球祭を通し、慶應の強みである”縦の繋がり”を改めて実感することが出来ました。部員一同、OBの皆様を始めとする多くの方と交流することが出来、日頃から多くの方に支えられていること、感謝の気持ちを再確認することが出来ました。
蹴球祭にご参加いただいた皆様にこの場をお借りして、心より御礼申し上げます。

今週末の大学リーグ順天堂大学戦は、インカレ出場権を懸けた重要な一戦です。残された3試合、全ての勝利が求められます。厳しい状況が続いておりますが、蹴球祭で感じた感謝の気持ちを持ち、部員一丸となり試合に挑みます。今後共ご声援の程、宜しくお願い致します。
15_2_161010_115_2_161010_2