ブログ

遂に明日、大学リーグ最終節。

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
明日11月20日(日)、第30回関東大学女子サッカー1部リーグ最終節、東洋大学戦が行われます。インカレ出場権を獲得する為には、まず勝利が最低条件となります。絶対に勝たなければならないこの試合に向け、チームを引っ張る幹部の4年生3名に意気込みを聞いてみました。

4年主将 田中康子
TEAM2016にとっても、私にとっても最後の大学リーグとなります。今シーズンは思い通りに行かないことが多く、後輩にも応援して下さる皆様にもなかなか「Smile」を届けられませんでした。しかし、今この様に1部の舞台でインカレを目指し闘うことが出来ているのは、先輩方やTEAM2016のメンバーがこれまで積み上げて来たことが間違っていなかったという証であると思います。私達は明日、ホームである下田グラウンドで必ずインカレ出場を決めます。選手、スタッフ、そして応援して下さる皆様と共に、「Smile」で喜び合える様、決死の覚悟で闘います。

4年主務 栃木栞
4年間本当に色々なことがありましたが、この1年はその中でも最も苦しいシーズンでした。しかし、私達が走り続けて来た今シーズンは間違っていなかったと信じています。これまで積み上げて来たもの、想いを全てぶつけ、プレーで、そして結果で、証明したいと思います。まだまだTEAM2016は終わりません。必ず勝利し、インカレ出場への切符を掴み取り、最高の「Smile」で、最高のシーズンだったと胸を張って言える様、突き進みます。温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

4年副将 宮川渚
ここまで厳しい闘いが続いて参りましたが、TEAM2016で闘う大学リーグもいよいよあと1試合。学連の皆が創り上げたこのリーグで必ず結果を残し、慶應の学連幹事が代々中心となって創り上げて来た西が丘の舞台、インカレの舞台に必ずチームを連れて行きます。最高で最強の同期、可愛くて大好きな後輩、誰よりもチームが勝つことを考えてくれるスタッフの方々と共に闘い、必ず1部の舞台を残し、インカレ出場権を掴み取ります。高校生の頃から憧れていた塾ソッカー部女子を背負い闘えることの幸せを噛み締め、最後の1秒まで貪欲に点を取ることだけを考え、走り切ります。ホームである下田の地で最高の瞬間を共有し、多くの方々の「Smile」の為に出来ることを全てやるので、ご声援の程、宜しくお願い致します。

私達は現在第8位で、残り一枠しか残されていないインカレ出場権を獲得することを目指しています。厳しい状況ではありますが、インカレ出場を実現させる可能性を残したまま、最終節を迎えることが出来ています。最後まで諦めずに慶應らしく闘います。明日は【集中応援日】となっておりますので、是非下田グラウンドにて熱い応援を、宜しくお願い致します!!