リレー日記

『サッカーが好きだから』(3年ブラフフェイ)

2021.11.24

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

慶應の絶対的守護神であり2年のお母さん的存在の野田明日香からバトンを受け継ぎました、文学部3年のブラフフェイと申します。

私をさん付けで呼んでいたのは1週間程度、今では「さん付けとか違和感すぎて呼べない」と言い張っています。そんな彼女は、しっかり者で責任感が強く、どっちの方が年上か分からなくなってしまう時があります。頼りにしているよ、これからも慶應のゴールを守り抜いてくれ。

さて、早速ですが、私が最近意識している言葉があります。

「苦しい時に苦しい選択を」

これは、日頃からテソンさんや福本さんがよくおっしゃる言葉です。

苦しい時にどのように振る舞うか。

苦しい時に逃げずに立ち向かうことが出来るか。

TEAM2021は大学リーグが開幕してから一勝も出来ず、苦しい状況に置かれています。まだ今年は終わっていませんが、個人としても苦しいことの多いシーズンだと感じています。普段、自分の想いを長々と語れる機会があまり無いので、この場を借りて語りたいと思います。拙い文章かとは思いますが、少しだけお付き合いいただけると嬉しいです。

大学入学から多くのポジションを経験させてもらい、監督やコーチ、先輩方から多くのことを学んできました。練習も楽しく、毎日ワクワクしながら練習時間を迎えていました。そして去年は特に、ゴールという形でチームに貢献する楽しさを多く経験させてもらいました。

FWとしてどんどん上手くなっていく感覚もあり、毎日サッカーや自分と向き合うことがひたすら楽しかった。それは今シーズンに入ってからも同じで、男子部のストライカーTRに参加させてもらうなど、日々、自分の成長を感じることが出来て最高に楽しかった。今シーズンの自分への期待も高く、10番を背負い、チームを勝利に導く。

そんな理想を描いていました。

そんな理想とは裏腹。普段私は試合の2日前にパワーTRをしてから試合を迎えるのですが、開幕戦2日前のこの日もTRが終わり、ストレッチをしようと座った途端、腰に鋭い痛みが走りました。開幕戦は痛み止めを飲み、コルセットを巻いてなんとか出場はしたものの、ちゃんとしたプレーが全く出来ずに終わってしまいました。

さらに、開幕戦2日後にひどい腹痛で病院に行ったところ、病気が見つかりそのまま緊急手術をすることに。1ヶ月半サッカーから離れることになりました。まさに予想もしていなかったシーズンの始まりでした。

お腹は思っていたよりも早く完治し、「やってやるぞ」という気持ちを持って復帰しました。しかし、プレー再開後にまた腰のあの痛みが襲ってきました。リハビリをしながらなんとか騙し騙しやっていけると思っていましたが、足のしびれと脱力感で長時間プレーすることが出来ず、自分の身体ではないような感覚でした。

「足が動かないのは気持ちの問題なんだ」と自分に言い聞かせ、毎日良いイメージを頭に植え付けて練習に向かっていました。しかし、一向に良くなる気配がなく、どんどん退化してしまっているように感じて、苦しくて仕方がありませんでした。チームとしてもなかなか勝ち点が取れず、本当に苦しい状況が長く続いていました。そして2週間後には負けたら降格が決まってしまう入れ替え戦が待っています。チームとしても個人としても、苦しい状況にあります。

「苦しい時に苦しい選択が出来るように」

チームが苦しい時に逃げずに立ち向かうことが出来るか。試合で自分が苦しい状況に追い込まれた時、その場しのぎの楽な選択をするのか、仲間が楽に次のプレーが出来るような選択をするのか。試合で笑う為には練習できつい思いをしなければならない。地面を這ってでもいいからとにかく逃げずに立ち向かう。

これは本当に難しいことだと思います。だけど、「苦しい時に苦しい選択」が出来るようになる瞬間が、「強くなる瞬間」だと思います。

私はまた思いっきりプレーをする為に長期離脱を覚悟し、腰の手術を決意しました。間違いなく苦しいと思ってしまう瞬間が多くあると思います。

それでも自分が苦しい時にどう振る舞うか。「この経験があって良かった」と思えるような選択が出来るのか。

サッカーが好きだから、苦しくてもいい。

サッカーが好きだから、それに立ち向かう。

これが出来た時、私はまた強くなると思います。離脱期間で、今まで出来ていなかった身体の使い方を習得したり、たくさんサッカーを観て頭を鍛えたり。今は、この期間で自分がどれだけ強くなれるかが楽しみで仕方がないです。今シーズンはもうプレーすることは出来ませんが、TEAM2021で自分に出来ることはまだまだあるはずです。勝つ為に出来ることが。4年生の為に出来ることが。

最近の学年ミーティングで、私は同期に、「どのような状況に置かれても変わらず努力できるフェイは、本当に応援したくなる存在だよ」という言葉をかけられました。今だから言うけど、あの時は本当に泣きそうになりました。どんな時でも支えてくれ、時には厳しいことも言ってくれる同期には本当に感謝しかありません。いつもありがとう。良くも悪くも、私は自分に没頭し過ぎて周りが見えなくなってしまうところがあります。「怪我」をプラスに捉えて、自分の為だけではなく、どのようにチームに貢献できるか、みんなの力になれるかを必死に考えながら今シーズンの残された時間を大事にしたいと思います。

「苦しい時に苦しい選択を」

チームとしても、個人としても試されている時期だと思います。苦しい時こそ逃げずに立ち向かおう。

みんな、ラスト全力で頑張ろう。

次は、我が家の愛犬、ヤマト君のあまりの勢いに圧倒され、猫派になってしまった髙橋佳里にバトンを託します。自分に対しても人に対してもゆるい佳里ですが、常に周りが見えていつでも人の為に行動が出来る彼女には尊敬しかありません。いつも佳里の「なんとかなる」と言う言葉に本当に助けられています。本当に信頼しまくっています。私にとって家族みたいな存在の彼女が、何を書いてくれるのか、とても楽しみです。拙い文章ではありましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

 

『涙は女の武器』(2年野田明日香)

2021.11.18

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

話を聞いているかと思えば聞いていない、何か考えているかと思えば何も考えていない。そんな天然さを持つにも拘らず、ピッチ内では体を張ってゴールを守り、セットプレーではチャンスを作り出す頼もしい同期の福岡愛実からバトンを受け継ぎました、総合政策学部2年の野田明日香と申します。

2回目のリレー日記、『涙は女の武器』なんてタイトルを付け文章を書き始めましたが、このブログは恋愛啓発本でもありませんし、あいにく私はそんなことを語れる程の恋愛スキルを持ち合わせていません。恋愛に悩んでいるのなら彩香さんあたりに相談すれば素敵なアドバイスをいただけるはずです。拙い文章ではありますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

突然ですが、このブログを呼んでいる皆様は最近いつ泣きましたか?

『全米が泣いた!』『衝撃のラストに涙が止まらない!』そんなキャッチコピーが世の中には溢れ、感動的な映画やドラマを見て思わず涙した方も多くいるのではないでしょうか。

では、ソッカー部のみんなに同じ質問を投げかけます。すると、大半の部員から「大学リーグで負けて泣いた」「自分のプレーが上手くいかず悔しくて泣いた」といった答えが返ってくると思います。入部1年目のTEAM2020もなかなか勝利を掴むことが出来ず厳しい戦いが続きましたが、今シーズンは昨シーズン以上に勝利や勝点が遠い存在となり、悩み苦しむ時間が今もなお続いています。5月に開幕した大学リーグでは、22戦21敗1分、獲得できた勝点はたったの1。試合後に誰かが涙を流し、里衣子さんが泣きながら締めの挨拶をすることがもはや毎週恒例になっていました。

個人としては、今シーズンから男子部のGK練習に参加させていただき、少しずつ技術的にも精神的にもレベルアップできているという実感がありました。それなのに、まったく勝てない。リーグ中盤には大量失点を重ね、自分のプレーも上手くいかず現実から目を背けたくなっていました。

そんな時、テソンさんから「試合で笑うためには練習で泣かなければならない」という言葉を頂きました。愛実のリレー日記でも登場したように、この言葉は多くの部員の胸に刺さったはずです。練習で辛い思いをしなければ、試合で勝ってみんなで笑うことは出来ない。今の苦しい状況から逃げることなく、まずは練習から向き合っていかなければならないと気付かされました。ずば抜けた技術や身体能力を持つ選手がいない私達だからこそ、当たり前のことを当たり前に積み重ねていくことが何よりも大切だと思います。

先日、男子部のInstagramに掲載されたある1枚の写真が女子部の中で「いい写だよね」と話題になりました。10月9日に行われた関東大学サッカーリーグ第19節筑波大学戦、2−1で勝利を収め泣きながらチームメイトと熱い抱擁を交わすGKの荒さん(4年・慶應義塾高/横浜F・マリノスユース)の写真です。

荒さんは卒業ブログの中でご自身のことを『カッコ悪い4年生』だと表現されていましたが、私は一度もカッコ悪いと感じたことはありません。なぜなら、荒さんこそ「試合で笑うためには練習で泣かなければならない」という言葉を体現する選手だと思うからです。男子部とのGK練習に参加する中で、自分の弱さから目を背けずに誰よりも真摯に取り組んでいる姿を目にした時、強く心を動かされました。チームがどんなに悪い状況下に置かれていても、自分がチーム内でどの立場にいても、常に100%を出し切ること。それが個人の成長に繋がり、結果としてチームの成長にも繋がっていくと私は信じています。

『涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように』

私達が今直面している状況は、まさにアスファルトのように簡単には打ち壊すことの出来ない強固なものです。しかし、それを打ち壊す強さを私達は辛く苦しいシーズンの中でたくさんの涙を流し、手に入れてきました。自分自身と向き合う強さ、チームのため・仲間のために戦う強さ、最後まで諦めずに走り抜く強さ。

今シーズン残された試合は12月5日の十文字学園女子大学との1部2部入れ替え戦のみです。手に入れた強さをピッチで発揮し何としてでも勝利を掴み取り、ソッカー部に相応しい美しい笑顔の花を咲かせてみせます。最後はみんなで嬉し涙を流しましょう!!

さて、4学年のうち最も個性的だと言われている2年生のブログがついに私で幕を閉じました。それぞれのブログからもその個性の強さを感じていただけたのではないでしょうか?

次は早稲田の6番…。ではなく、慶應の10番ブラフフェイにバトンを託します。甘いマスクでみんなを虜にする彼女ですが、たまに信じられない程つまらないギャグを言ってきます。「今のどう?」みたいな顔してこっち見るのやめてください。今シーズン怪我に苦しみ今もなお戦い続けている彼女がリレー日記で何を語るのか楽しみです。拙い文章でありましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

 

『想いを体現する』(2年福岡愛実)

2021.11.12

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

出会ってから約2年間を共に過ごしてきたにも拘らず、未だに「愛実」を「愛美」に間違えて必死に言い訳をしている同期の佐藤真智からバトンを受け継ぎました、環境情報学部2年の福岡愛実と申します。この際なので真智を初めとする皆様にも名前の漢字を覚えていただけると幸いです。

「リレー日記は何書くの?みんなの凄く良かったよね」と母親に言われ、プレッシャーをかけられる中、文才もなければ心に響くようなことを書ける自信もありませんが、率直に今の自分の想いを綴りたいと思います。拙い文章ですが最後まで読んでいただけると嬉しいです。

今シーズンは辛い時間が多かったように感じます。これは私だけではなく、チームの多くの人が感じているかもしれません。私は去年から今年にかけて、この慶應ソッカー部に入ってから1試合も勝利を経験することが出来ていません。それほど、勝つことの難しさを身をもって体感しています。約10年間サッカーをしてきた中でも、ここまで試合に勝てなかった経験は初めてで、個人的に上手くいかないことも多く、今までは練習よりも何よりも楽しみにしていた試合を迎えるのがしんどく、「本当にサッカーは楽しいのか?」と考えてしまう時もありました。それでも私がサッカーをやっている理由は、その辛さの先に喜びがあることを知っているからです。大学リーグ後期第8節の日本大学戦、たまたま自分が得点をすることが出来ました。今シーズンは得点が少なかったため、先制出来たことはもちろん嬉しかったのですが、私はそれ以上にみんなが笑顔で駆け寄ってくれた姿・ベンチや見に来て下さった方々が喜ぶ姿が忘れられません。その瞬間、サッカーをやっていて良かったと心の底から思いました。”その瞬間をもう一度みんなと味わいたい”その想いの一心に、もっと成長してチームに貢献したいと強く思いました。

また、改めて私には応援してくれる人や支えてくれる人、どんな時も一緒に闘う仲間がいることを実感しました。そしてその時に、自分だけではなく、誰かの想いを背負って、誰かのためにプレーしたいと思いました。たくさんの人に支えられ、サッカーに熱中することが出来るこの環境は当たり前ではない、こんなに幸せなことはありません。常に感謝の気持ちを忘れずに日々過ごしていこうと思いました。

「終わり良ければ全てよし」という言葉があるように、全ての物事で当てはまるわけではないものの、最後の結果がその過程以上に大切なこともあると思います。私は、今シーズンは辛いことが多かったと文頭に書きましたが、まだ決して今シーズンが終わったわけではありません。私は4年生とこの仲間とスタッフの方々と、このチームのみんなで絶対に勝ちたいです。勝利を掴み、笑顔で喜ぶ瞬間をみんなと味わいたいです。応援して支えてくださる方々と喜びを共有したいです。最後に勝つことが出来れば、今シーズンの辛いことは全てこの瞬間のためだったと、みんなで頑張ってきて良かったと思うことが出来ると思います。そのために、入れ替え戦はチーム全員で絶対勝ちましょう!自分達のためにも、怪我で思うようにプレー出来ない仲間のためにも、どんな時も私達を支えてくれるスタッフの方々のためにも、結果が出ない中でもサポートして応援してくださる方々のためにも。ピッチ上で自分の想いを、みんなの想いを体現したいです。このメンバーでこのチームで出来る最後の試合を楽しみながら、結果で恩返しが出来る様、全力で頑張りたいと思います。

私は今年で大学2年生になり、大学生活・大学サッカーも約半分が終わりました。「現状に満足していないか?その行動に後悔はしないか?」後悔しない正しい選択を取ることは難しいかもしれないけど、自分の選択した道を正しい道にするのは自分次第だと思います。様々な葛藤や不安がある中でも、自分に問いかけ続けていきたいです。テソンさんはよく「試合で笑うためには練習で泣かなきゃいけない」とおっしゃいます。チームのために、その瞬間を味わうために、どれだけ辛い選択を取ることが出来ているでしょうか。目の前の今その一瞬に、一つひとつのプレーに、全力で取り組むことが出来ていると胸を張って言えるのでしょうか。何事も現状から逃げず、向上心を持って自分自身と向き合っていきたいです。

それでも私は弱い人間です。この想いに偽りはないものの、今後、自分自身から逃げて楽な道を選んでしまうことがあるかもしれません。だからこそ、みんなで手を差し合って助け合い、チームのために辛い選択が出来る様になりたいです。そんな選択を先導していけるような強い人間になれるよう成長していきたいです。誰しも調子が上がらない時や気分が落ちてしまうことが何度もあると思います。それでもどんな時も、自分と向き合い続けること、その想いを強く持ち続けることが大切だと思います。私はこのブログで書いた想いを胸に刻んで、今後の行動を選択していきたいと思います。

次は、しっかり者でみんなのお世話をし、私達2年生のお母さんのような存在でありながらも、実はおっちょこちょいで抜けているところが沢山ある同期の野田明日香にバトンを託します。拙い文章でありましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

 

『ステップアップ』(2年佐藤真智)

2021.11.03

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

身体能力の高さを活かしてゴールを守りきるピッチでの頼もしい姿に対し、普段はテソンさんLOVEな同期の深澤菜月からバトンを受け継ぎました、法学部政治学科年の佐藤真智と申します。今回は昨年の私と今の私、そして年後の私について綴りたいと思います。

「来年は真智がこのピッチに立って戦っているかもしれないから。公式戦がどんな雰囲気なのか今日感じてきて。」

そんな言葉を伊藤前監督から掛けられ、昨年の関カレ最終節山梨学院大学戦のロスタイムにて私は公式戦初出場を果たしました。私が唯一サッカーをやっていた小学生時代に所属していたのは、練習だけを行うサッカースクールだったので、大学生にして人生で初めての公式戦出場でした。しかしピッチに歩足を踏み出したらチームメイトから「待って!」と叫ばれ、後ろを振り返ってみるとイエローカードが出ており、誰が何をしたのかと疑問に思っていたら反則行為をしていたのは私でした。

交代要員は、次の条件において競技のフィールドに入ることが出来る。

交代によって退く競技者が競技のフィールドの外に出た。

主審の合図を受けたのちに。

(JFAサッカー競技規則より)

 

私は自分と交代する同期の及川莉子がフィールドの外に出たのを見届け、頑張ろうという思いを胸にピッチに足を踏み入れましたが、主審の合図がまだ出ていなかったのです。公式戦初出場秒でイエローカード。焦りや恥ずかしさよりも状況を理解しすぐ再開される試合に集中するのが精一杯だった、そんな苦い思い出を昨日の事のように覚えています。その後家に帰ってすぐ改めてルールブックをくまなく読み直しました。

恐らくソッカー部史上最短でイエローカードを出されてしまった私が、今年は関カレ初戦から13試合連続でスターティングメンバーとして試合に出場しました。人数不足と怪我人が出たことによって巡ってきたチャンスでした。それまでピッチの外で他人事のように見ていた試合に自分が出場し、ゴールを守りゴールを奪いに行く。去年は夢のまた夢だろうと思っていたことが現実として訪れたのです。関カレ部という大きな舞台で目の当たりにしたのは勝利への執念でした。全チームがインカレ出場に向けボールを狩りに行く姿には大きな刺激を受けました。

一度サッカーから離れてしまった私は、必死にサッカーを続けてきた選手達には技術面では到底叶いませんし、試合勘もありません。しかしピッチに立てば経験年数は関係なく、慶應の名を背負う一選手として戦わなければなりません。今の私が唯一出来ること、それはピッチを誰よりも駆け回ることです。例え無駄走りだったとしても攻め込まれれば必死にプレスバックをし、チャンスがあれば少しでも仲間の選択肢が増えるように動きます。当たり前のことですが、出来ることが少ない今は、自分の限界まで走りきることを第の目標にしています。

元サッカー日本代表の本田圭佑選手は「年後の成功を想像すると、日々の地道な作業に取り組むことが出来る」という思いを胸にトップを目指し続けたそうです。そこで、私もここに年後の理想の自分の姿を書き記しておきたいと思います。

まず、先のプレーを考えて走れるようになること。今はただ仲間の選択肢が増えたらとガムシャラに走っていますが、パスを受けたいのかスペースを空けたいのか何のために走るのか目的を持ったプレーが出来るようになりたいです。

次に受け身にならないこと。もっと声を出してと指摘されることが今は多くありますが、どんな声を出すのが正解か分からず戸惑ってしまいます。指示を受けて動くだけでなく、仲間のサポートとなる声を出せるようになりたいです。

そしてで勝てるようになること。結局はで勝てなければ試合には勝てないとよく監督やコーチから言われます。まずはボールタッチとステップから頑張ります。こんな自分になれるよう明日からもまた練習に励みます。どんな私になったのかは私のプレーと来年のリレー日記を楽しみにして頂けたらと思います!

次はセンターバックとして守備の要となり体を張るピッチでの頼れる面とは裏腹に普段は天然炸裂な同期の福岡愛実にバトンを託します。拙い文章ではありましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。今後ともご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

 

記事一覧

月別アーカイブ