リレー日記

『私とサッカー』(1年岩瀬絢弥)

ホームページを御覧の皆様、初めまして。 体を張った鉄壁のようなディフェンスと的確なコーチングでチームを引っ張り、持ち前の明るさで後輩みんなから慕われている4年主将中井里衣子からバトンを受け継ぎました、商学部1年の岩瀬絢弥と申します。今回は初めてのリレー日記ということで、これまでの私自身のことについて書かせていただきます。

私は3歳の時にサッカーと出会いました。当時よく遊んでいた近所の男の子からサッカークラブに誘われたことがきっかけです。小学生になると地元の女子チームに所属しました。活動が週末のみだった為、平日は放課後にクラスの男の子達とボールを蹴って遊んでいました。高学年になるとサッカースクールにも通い始め、技術面などを本格的に学び、日に日にサッカーが楽しくなっていきました。6年生ではキャプテンを務めチームで史上初の県大会優勝、関東大会準優勝を成し遂げることが出来ました。

中学1年から高校3年まではちふれASエルフェン埼玉マリ(以下マリと略す)に所属しました。マリでの6年間を通じて私は、サッカーの本当の「楽しさ」に気付くことが出来ました。楽しかったことや嬉しかったことばかりではなく、むしろ苦しかったことや上手くいかなかったことの方が多くありました。それでもここまで頑張ることが出来たのはサッカーの厳しさ、難しさの中に「楽しさ」があったからだと思います。みんなが必死にボールを追いかける中で、一回綺麗に相手の逆をつく。 一本イメージ通りのパスを通す。その瞬間が楽しくて、もっと上手くなりたいという思いが強くなりました。マリは全員がサッカーに対して素直で純粋で、言いたいことが言い合えるチームでした。そんな恵まれた環境の下全力でサッカーに打ち込むことが出来、人間としても大きく成長することが出来ました。特に高校3年生の時には副キャプテン、そして夏からはゲームキャプテンを務めました。どのようにチームを引っ張っていくべきか悩んだ時期もありましたが、信頼出来る仲間、コーチ、監督に支えられ、最後までやり切ることが出来ました。

「サッカーは上手いか下手かではなく好きか嫌いかだ」

これはマリの監督から言われた言葉で私はこの言葉が大好きです。私は背も高くなければスピードがあるわけでもありません。しかしサッカーが好きという気持ちは誰にも負けません。改めてこの言葉を胸に刻み、TEAM2021のビジョンである「人の心を動かす」ことを体現していこうと思います。

ソッカー部の一員になってから早くも3ヶ月が経過しました。今までの、朝早く学校へ行き自習をして、授業を1日受け、電車でも勉強をしながら練習へ向かう多忙な高校生活が懐かしく感じられます。初めての寮生活にも慣れ、優しい先輩方や個性豊かな同期に囲まれ、恵まれた環境の下楽しくサッカーが出来ています。この環境を当たり前だと思わず、感謝の気持ちを忘れずにこれからも全力で取り組んでいこうと思います。まだまだ未熟で上手くいかないこともたくさんありますが、「サッカーが好き」という気持ちを誰よりも強く持ってチームの勝利に貢献出来るように日々努力して参ります。

次はパワーとスピードでサイドを圧倒し、豪快なシュートでゴールを脅かすその姿とは想像も付かない乙女な一面をたまに見せる同期の大橋桜子にバトンを託します。拙い文章ではありましたが、最後まで御覧いただきありがとうございました。今後とも御声援の程宜しくお願い致します。

 

記事一覧

月別アーカイブ