リレー日記

『感謝』(3年秦野くるみ)

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

いつでも頼まれた仕事に全力で取り組む、同期の行德のえからバトンを受け継ぎました、総合政策学部3年の秦野くるみと申します。

今回のリレー日記では、入れ替え戦を終えた今、感じる想いを素直に綴らせていただこうと思います。まとまりのない文章ではありますが、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

今年はたくさんの感謝と出会うことが出来た1年でした。

副務を務めさせてもらえたことで、倶楽部会議に参加する機会を得て、OB・OGの皆様が私達現役選手のために、様々な面から驚く程多大な支援をしてくださっていると知れたこと。監督やコーチが、お仕事でお忙しいにも拘らず、グラウンドに来てサッカーを教えてくださっていること。男子部との兼任で休みが少ない中でも、女子部のために熱くご指導してくださっていること。男子部浅海監督のご厚意により、これまでずっと夜のみだった練習時間を調整してくださったこと。苦しい状況が続いている私達を想い、OGの方々が平日にも拘らず、お仕事前に朝練に参加して発破をかける言葉を残してくださったこと。私達が1勝も出来ていなくても、大量失点で情けない試合をしても、変わらず応援してくださった皆さんがいたこと。

他にも、たくさんの有り難い瞬間に出会ってきた1年だったからこそ、先輩方が必死にもがいて何とか守り抜いてきた1部の舞台を来年に残したかった。入れ替え戦に勝利して皆さんに喜んで欲しかった。たくさんの感謝を、ピッチ上で闘う原動力に変えて、1部残留という結果をもぎ取りたかったのですが、それを実現させることは出来ませんでした。上級生として、前線の選手として、チームを勝利に導くことが出来なかったことに不甲斐なさを感じています。

慶應は1部にいてこそ、より存在を輝かせることが出来る。

スポーツ推薦のない大学が、1部の舞台で必死に闘い続けてこそ、必死に強豪校にくらいついてこそ、人の心に届けられるものがある。慶應が1部で勝利してこそ、届けられる想いがある。私はそう思っています。だからこそ、1年で慶應が1部へ戻れるように。入れ替え戦で負けた悔しさを原動力に変え続けて、2部での闘いに挑みたいと思います。
私は多くの方々が目を通すこのような場で、自分の心の内を赤裸々に記すのが得意ではありません。だからこそ自分自身のプレーで、ピッチ上で闘う姿で心の内にある想いを思いっきり表現したい。自分の表現するものがチームの結果に結びつくように。見てくれた誰かの心に響くように。自分達の力で、慶應の価値を証明できるように。ラスト1年、慶應のために自分が出来ることを、地道に着実に積み重ねていきたいと思います。

次は、今シーズン副将を務めた4年の髙月彩香にバトンを託します。何かアドバイスを求めれば、いつも真摯にとてもためになる意見をくれて頼り甲斐がある、その上いじられキャラでもあり、チーム1の愛されキャラであるという完璧さに、感服することばかりです。そんな彩香さんが最後のリレー日記にどんな想いを綴ってくれるのか。今からとても楽しみです。

拙い文章ではありましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。来シーズンも、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

 

記事一覧

月別アーカイブ