リレー日記

1年 堀井美月

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。今回リレー日記を担当させていただきます、1年の堀井美月です。最近、朝グラウンドに出ると、震える寒さと白い吐息から、冬の訪れを感じる様になりました。私は、ソッカー部女子の中で日本最北の出身ですが、乾燥肌と冷え性の為、寒い気候は決して得意ではありません。
さて、まず始めに、私の故郷、青森県むつ市についてお話させていただきます。むつ市は本州最北の下北半島に在り、ジョニーデップこと松山ケンイチの出身地でもあります。今の時期は、雪がパラパラと降り始め、夜に上を見上げれば満天の星空が見える自然豊かなところです。冬になると腰の高さまで雪が積もり、私のこの強靭な足腰を育てました。そのような環境の中で、小学生の頃、父と兄の影響でサッカーを始めました。小学校卒業と共に一度はサッカーを卒業した私でしたが、サッカーに対する想いは絶えず、女子サッカーで有名な常盤木学園高等学校でサッカー人生をリスタートさせる決意に至りました。
先日、母校と練習試合をする機会をいただき、高校時代の恩師阿部監督や懐かしい仲間と久々に交流することが出来ました。その際、チームの変わりない雰囲気を感じ、1年前の自分を思い出すと共に、現在の自分を見直す良い機会となりました。今、この慶應義塾体育会ソッカー部女子に所属し、素晴らしい環境と個性豊かな尊敬出来る方々に囲まれていて、いつも良い刺激を受けています。また、この様な環境でサッカー出来ることを本当に幸せに思っております。全て、今まで支えてきて下さった方々、家族、そしてソッカー部女子を応援して下さる全ての方々のお陰です。この場をお借りして、御礼申し上げます。これからも、ソッカー部女子の一員として全力で励んで参りたいと思います。「今日」を大切にしながら笑って生きることをモットーに、一日一日を無駄にすることなく、TEAM2013皆で最後まで笑って年を越したいと思います。
ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ