リレー日記

4年 原志帆

ホームページを御覧の皆様こんにちは。今年度、主将を務めさせていただきます、新4年の原志帆と申します。時の流れは早いもので、慶應義塾大学を背負って本気で闘えるのもラスト一年となりました。今年の最大目標は「関東大学リーグ1部昇格」です。一人ひとりが常に1部昇格という目標を掲げ、そこから逆算し今必要なこと・大切なことは何なのかを主体的に考えて行動に起こしていける様に、掲げる目標を一つに絞り始動致しました。目標達成までの道のりは長く、どの道を選んでいけば良いのか最後になってみないと分からないこともあるかもしれませんが、己・仲間を信じ、また必ず1部昇格を達成出来ると信じ、一歩一歩着実に前進して参ります。

先日、監督の出身地でもある愛媛県への遠征を行いました。そこで愛媛県知事・松山市長表敬訪問をさせていただいた際、市長さんのお話の一つに「組織というのは同じ様な人の集まりよりも、様々な人で成り立っている方が強いのです。方向性を定めそれぞれの強みをパズルの様に当てはめて一つの物を作り上げると、完成した時にはもの凄く強い組織になっているのです。」とのお言葉をいただきました。ソッカー部女子は、初心者から全国制覇を経験している選手、地方出身者から帰国子女まで本当に様々な背景を持った選手が混在している組織です。Weak pointにも成りがちなこの組織背景をStrong pointにする為には、「勝つ為に、強くなる為に」どうしたら良いのかを一人ひとりが考え、受け身にならず主体性を持って取り組むことがとても大切であると再認識致しました。

愛媛の方々の温かいサポートにより、毎日最高のトレーニングを積むことが出来ました。このお気持ちにしっかりと結果で応えられる様、今後共全力を尽くして参ります。
私達は沢山の方々の支えがあってこそ成り立っていること、とても恵まれた環境でサッカー出来ていることを肝に銘じて感謝の気持ちを忘れず日々精進して参ります。

今後共、ご指導ご声援の程宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ