リレー日記

1年 泉野玲

ホームページをご覧の皆様、初めまして。
この度、何かと周りにちょっかいを出すも、一人ひとりを気に掛けて下さる総合政策学部2年の田中康子さんからリレー日記を引き継ぎました、環境情報学部1年の泉野玲と申します。今回のリレー日記では高校からサッカーを始めた私が、大学でも続けようと思った理由を主にお話しさせていただきたいと思います。

主に三つの理由があります。
第一に、高校時代お世話になった恩師の存在です。
私は高校からサッカーを始めました。当初は決して強いチームではなく、学年に二人経験者がいたら良い様な、主に初心者で構成されているチームでした。私が入部すると同時に一人のコーチが就き、その頃から徐々にチームは力を付け始めました。幾度となく生徒とぶつかり合い、コーチが一時期部活に来なくなってしまうという事件もありましたが、このコーチが私の恩師であり、サッカーの辛さの中の楽しさを教えてくれた人です。そして大学に入学したばかりの私の中には、この人にいずれもっと上手くなった姿を見せたい、という思いがありました。しかしこの恩師の存在だけでは、高校時代よりも圧倒的に過酷であろうということが想定される大学サッカーに飛び込む決断は出来ませんでした。

第二に、久々にしたサッカーで感じた悔しさです。
大学入学当初、まだ私にソッカー部に入ろうという固い意思はなく、自分の中に複数存在する選択肢の中の一つでした。しかし参加した練習体験会で約1年ぶりにサッカーをしてみると、出来ないことを沢山発見しました。それは高校時代言われ続けて来たことであったり、新しく知ることが出来たものだったりと様々でした。まだ入部も決めていないのにも関わらず、サッカーノートに反省を書き留めて置く程に、出来なかったことが悔しく、もっと上手くなりたいと心から思いました。そして、それ程自分はサッカーが好きなのだと再確認することが出来ました。

第三に、ソッカー部の雰囲気の良さです。
練習の時は選手一人ひとりが主体的に自らの考えを発信して自分達のプレーの幅を広げていく様な真面目さ、またオフの所では練習の真面目な雰囲気から一転して先輩方の個性溢れる和気藹々とした楽しさを感じました。『楽しい時はとことん楽しく、真面目にやる場面ではとことん追求して』といったメリハリのある雰囲気に魅力を感じました。

これら3つの理由全てが合わさって今私はソッカー部女子の一員としてサッカーをしています。そしてこれからもいつも初心を忘れずに取り組んでいきます。

愛媛遠征も終わり私がこの部に入部して間もなく3ヶ月が経とうとしています。次第に部に慣れてくる頃ではありますが、同時に気が緩んでしまわない様、今一度気を引き締め、いかにして今まで取り組んだことの成果を出すかを常に考え、関東大学リーグに望みたいと思います。

それでは、部随一の独特なファッションセンスの持ち主である、環境情報学部3年の遠藤未来さんにリレー日記を引き継ぎます。ご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ