リレー日記

1年 小茂鳥萌

リレー日記をご覧の皆様、初めまして。
この度、喋る時に動く手、走る時に揺れる腕が特徴的である理工学部2年の宮川渚さんからリレー日記を引き継ぎました、商学部1年の小茂鳥萌です。
初めてのリレー日記ということで、今回は私がソッカー部女子に入部した理由についてお話させていただきたいと思います。

私は、小学生の頃兄が所属していた近所のクラブチームでサッカーを習っていました。幼稚舎生であった私は、内部進学で中学校を考える際、女子サッカー部のある慶應義塾湘南藤沢中等部に行くか、女子サッカー部のない慶應義塾中等部に行くか、大変悩みました。しかし、家からの距離等を考え、慶應義塾中等部に進学することに決めました。
幼稚舎時代、体育の授業でバスケットボールが大好きになった為、中等部ではバスケットボール部に入部しました。高校に上がる時は、何の迷いもなく慶應義塾女子高を選びました。高校時代、もうバスケットボールは嫌だと思うことは何度もありました。それでも、最後まで続けられたのは、バスケットボール部の大切な同期のお陰だと思っています。
高校時代最後の試合を終え、大学で何をやろうと考えた時、今までの学生時代とは何か違うことをやりたいと思いました。その時真っ先に頭に浮かんだのがサッカーでした。体育会でサッカーをすることだけではなく、サークルでフットサルをすることも考えました。しかし、大学の4年間で何かを一生懸命頑張りたいと考えた時、体育会に入り、スポーツに一生懸命に取り組みたいと思いました。そう思いソッカー部女子の新入生歓迎会や練習体験会に行くと、部の雰囲気の良さや久しぶりにやったサッカーの楽しさを体感することが出来ました。また、ソッカー部なら高校時代の様な掛け替えのない仲間が出来ると思い、入部を決意しました。

入部して半年が過ぎ関東大学リーグも前半を終え残り3試合となりました。自分に出来ることに精一杯取り組み一部昇格という目標を達成し、最後は全員で笑える様に努めて参りたいと思います。今後共、ご声援の程宜しくお願い致します。

それでは、入部してすぐにフェンスを超える程のキック力を発揮した、駄洒落を作ることが趣味の文学部1年井手芙美にリレー日記を引継ぎます。
拙い文章となってしまいましたが、最後までご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ