リレー日記

1年 二宮早紀

ホームページをご覧の皆様、初めまして。環境情報学部1年の二宮早紀と申します。

私は小学校1年生の時、サッカーをしていた兄の影響でサッカーを始めました。今回は、私がソッカー部女子に入ることになったいきさつをお話したいと思います。

始めにも申し上げましたが、私はサッカー歴が長く、高校時代は常盤木学園高等学校でプレーしており、正直な話、当初は大学サッカーではなくLリーグでプレーすることを考えていました。Lリーグに入ったら当然自分よりレベルの高い選手が沢山いて、練習もハードで、毎日の練習に付いていくだけで大きく成長出来たかもしれません。ですが、私は敢えて大学サッカーを選ぶことによって様々なバックグラウンドを持った選手から、また新たな発見が出来るのではないかと思いました。その中で自分と向き合い、どれだけ自分と戦えるかということを試してみたいとも思いました。また、勉強とサッカーのどちらにも言い訳をせず真剣に取り組んでいるこの部のスタイルを見て、この様な環境で私も頑張ってみたいと思い、慶應義塾大学を受験することに決めました。

さて、早いもので入部してからもう3ヶ月が経ちます。少しずつ学校にも部活にも慣れてきましたが、これから自分自身の目標とチームの目標の両方を達成出来る様、より一層日々の練習や勉強に励みたいと思います。

まだまだ未熟ですが少しでもチームに貢献していきたいと思いますので、今後共ご声援の程宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ