リレー日記

1年 傍田捷子

ホームページをご覧の皆様、初めまして。総合政策学部1年の傍田捷子です。

初回のリレー日記ということで、私が慶應義塾体育会ソッカー部女子に入部しようと思った理由をお話ししたいと思います。

私が大学でサッカーをしようと最初に思ったのは6年前のことです。しかし、その間には違うスポーツに挑戦した時期もありました。 きっかけは小学校3年生の時に弟の練習について行った際、初めてサッカーを見たことです。あんな風にボールを蹴ってみたい!今思えば初 めて自主的にやりたいと思ったスポーツかも知れません。小学校のチームに入れてもらい、サッカー漬けの毎日を送っていました。中学生 になってもサッカーを続けたいという思いから、サッカー部のある学校に進学したいと考えました。しかし、将来のことを考えた末、やは り第一志望校は英語に重きを置いている学校にするべきだと考えました。残念なことに、その学校にはサッカー部がなく、作ろうと話を持 ち掛けても断られてしまいました。その為、中学時代はバレーボールをする日々となりました。バレーボール部では、キャプテンを務める ことになりました。しかし、日が経つにつれ、よりサッカーをしたいという気持ちが大きくなっていきました。そして、サッカーに対する 未練から、地元のクラブチームに顔を出しては練習に参加し、バレーボール部を退部しようと考えるようになってしまいました。いざバレ ーボール部のチームメートに話をすると、キャプテンという責任をきちんと貫いてほしいと言われました。それからは、バレーボール部の一員として精一杯努力する為にサッカーへの未練を断とうと考え、練習着は全て捨て、自らをサッカーの出来ない状況に 追い込みました。しかし、ちょうどその頃父の転勤が決まり、私は家族と共にロシアに行くことになりました。そこで再びサッカーをする 機会が与えられ、大学でもサッカーをやりたい!と再び強く願うようになりました。

そんな私の中学時代からの想いを現実としてくれたのがこのソッカー部です。4年間しっかりと部に貢献する為に一生懸命努力して参ります 。今後共ご声援、ご指導の程宜しくお願い申し上げます。最後までご精読ありがとうございました。

 

記事一覧

月別アーカイブ