リレー日記

4年 田畑加穂梨

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
今年度主務を務めさせていただいております、法学部政治学科4年の田畑加穂梨と申します。

TEAM2015が始動致しましてから、約2か月が過ぎ、時の流れの速さを痛感すると共に、大学生として、そしてソッカー部女子の一員として過ごせる残りの日々を数え始める様になりました。
早慶定期戦まであと3か月。
大学リーグまであと5か月。
インカレまであと9か月。
刻一刻と迫る時間に焦りを感じながらも、今自分自身が出来る全てを尽くし、一日一日を大切に過ごして参りたいと改めて感じます。

さて、今回はこのソッカー部女子が稼働し続ける為に、いつも私達をサポートし続けているマネージャー2人についてお話させていただきたいと思います。4年生となり、また主務となり、2人には誰よりも多く助けられており、感謝することばかりです。

ソッカー部女子のマネージャーはドラマや映画の世界の様に、水を汲んだり、試合の記録を取って黄色い声援を選手に送るだけの仕事ではありません。勿論それらを行うこともありますが、彼女らはそれよりも10倍も20倍もの仕事をこなし、チームをサポートしております。試合運営から合宿・遠征の準備、HPの管理や多方面への書類提出等、ここでは言い表せない程沢山の仕事を行っております。彼女らの仕事は表に見えるものではない為、殆どの人は彼女らのやっていることの多くを知りませんが、彼女らはこのチームにとって必要不可欠な存在です。

常に冷静に物事を判断し、全ての仕事を素早く完璧にこなす3年の佐藤真依。特に本年度では運営陣の中では一番長く運営に携わっている為、多くのことを発信し、チームの為に何が必要かを常に考え行動してくれます。客観的にチームを見るだけでなく、自分自身ともきちんと向き合い、部の中で恐らく最も精神年齢が高いお姉さんの様な存在です。また、時に見せる弾ける笑顔はとても可愛らしく、試合や練習の際の声掛けには多くの選手が励まされております。

誰もが認める可愛らしさとは裏腹に、時に発する毒舌が核心をついていて心に刺さる石川県出身の3年の森千紘。途中入部とは思えない程素早く部に溶け込んだだけでなく、マネージャーとしての仕事に対して積極的に取り組んでくれています。常に何か出来ないかと考え行動し、与えられた仕事以上に自ら手を差し伸べ、仕事を請け負ってくれます。仕事のみならず選手の心を掴み、相談に乗ってくれる等、私含め多くの部員の心を癒し、包み込んでくれる存在です。

運営陣は仕事を行うに当たって自分自身を犠牲にすることが多々あります。睡眠時間が確保出来ない日々が続いたり、予定を急遽キャンセルしなくてはならなかったり、一日10時間以上もパソコンと向き合ったり。そんな時にふと、「私は何をしているのだろう」と思ってしまうことも正直あると思います。逃げ出したくなる時も、放置したくなる時もあります。それでも「チームの為に」「目標達成の為に」そう思っていつも仕事を行ってくれています。

例えピッチに立つことの出来ない2人かもしれませんが、彼女らの存在なしには私達選手はピッチに立つことさえ出来ません。マネージャーの2人にも「チームの為に」と思ってもらえる様なチームであり続ける為に、私達選手一同は日頃の感謝の気持ちをピッチの上で体現することが何よりも大切だと私は思います。そして最大目標である「インカレ出場」という結果を2人にプレゼントすることが一番の恩返しだと思います。その想いを胸に、私自身一選手として日々の練習から常に100%でプレーし、ピッチの上でチームに貢献して参りたいと存じます。

先週末、第21回関東女子サッカー二部リーグ、そして関東Liga Student 2015が遂に開幕致しました。今シーズンは各リーグで多くの試合が組まれており、殆ど毎週試合が行われます。ただこなすだけでなく、一試合一試合で個人としてもチームとしても成長し、大学リーグ、そしてインカレへと繋げて参りたいと存じます。今後共変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。
最後までご精読ありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ