リレー日記

3年 高見澤るり

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。法学部政治学科3年の高見澤るりと申します。気温の上昇と強い日差しに、夏の訪れをひしひしと感じながらサッカーに励む今日この頃ですが、皆様は如何お過ごしでしょうか。

4月17日(日)に第22回関東女子サッカー1部リーグが開幕し、既に3戦を終えました。私は、第2節の浦和レッズレディースユース戦と第3節の日テレ・メニーナ戦で、スターティングメンバーとして出場させていただきました。入部して以来、公式戦で初めてのトップチームでの起用でした。かなりの不安はありましたが、それ以上に、自分より遙かに技術のある選手と対戦出来る機会を得られたことに胸が高鳴っていました。

実は、それより少し前に、色々と悩んでいた為に、サッカーに真正面から向き合えていない時期がありました。ソッカー部女子に於いて、自分が何処を目指せば良いのか分からなくなり、気分が沈んでいることもありました。1、2年生の時には、ただ、サッカーが上手くなりたいという思いで必死に食らい付いて来ましたが、3年生になり思う様な成長を感じられなくなる上に、強豪チームから次々と入って来る後輩達に圧倒され、自信を無くしていたのだと思います。何かしらの壁にぶつかった時に、「自分は大学からサッカーを始めた“初心者だから”」と言って逃げるのは簡単ですし、今までにそういった口実で辛さを乗り越え様としたこともありました。しかし、気付けば私のサッカー歴は3年で、全く以て、初心者ではありません。いつまでも言い訳をしていられる程、大学生活は長くないと思います。だから、毎回の練習や試合で自身の課題を見付け、時間を有効に使い、より多くの課題解決に向けた取り組みをして行くことが必要です。このことに気付かされたきっかけの一つに岩崎監督の言葉があり、その時かなり悩んでいた私にとっては結構なダメージでしたが、悔しさはバネになると言うもので、私はもう“初心者”ではないということをはっきり証明したいと思いました。

ソッカー部女子に入部してから、多くの人に支えられて活動出来ていることを実感して参りましたが、今シーズン初のホーム戦となった関東リーグ第3節日テレ・メニーナ戦でも、保護者や地域の方々、関係者の皆様、そして、OB・OGの皆様の沢山の応援から、そのことを再認識することとなりました。ソッカー部女子の前身であるFCクーリス時代の先輩方が駆け付けて下さっていたことにも驚きました。現在ソッカー部女子があるのは、OB・OGの方々がこの部を築いて下さったお陰であり、大学からサッカーを始めた先輩方も部内で語り継がれる数々の伝説を残しておられます。私も、その方々の努力や苦労に恥じない様、サッカーで結果を出し伝説に残る選手になろうと考える様になりました。

ばたばたと忙しい日々を過ごす中で、様々な要因が合わさり、自分の心境も目まぐるしく変化しています。「証明する」や「伝説を残す」など、言葉で言うのは簡単ですが、関東大学女子サッカー1部リーグや関東女子サッカー1部リーグと言った高い舞台で、結果を残して行くことは難しいと思います。しかし、自分で出来ないと投げ出し、諦めたくはありません。ソッカー部女子の一員であるというプライドを持ち、自分が出来ることを着実に積み重ね、最大限の成果を残して行ける様、今後も自分なりに工夫しながらサッカーを上達させて行きます。
チームとしては、今週末に関東リーグ第4節ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18戦を控えております。部員一人ひとりがそれぞれの立場でするべき行動をし、チームの総力を結集して勝利の為に闘いますので、引き続き温かいご声援の程、宜しくお願い申し上げます。
拙い文章でありましたが、最後までご精読いただきありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ