リレー日記

1年 中田栞

ホームページをご覧の皆様、初めまして。法学部法律学科1年の中田栞です。

今回初めてのリレー日記ということで、私がソッカー部女子に入部した経緯をお話しさせていただきます。私がサッカーと出会ったのは小学6年の時でした。チームが行っていたサッカー教室のミニゲームでシュートを決めたことが嬉しく、元々球技が好きだったこともあり、通っていた習い事を全て辞めてサッカーを始めました。小学校卒業までの1年間、周りの皆に少しでも追いつこうと練習を重ねた日々は、とても充実していました。

中学、高校では女子サッカー部がなかったので、バスケットボールと水泳をしました。大学ではまたサッカーをやりたいと思っていた時、高校の先生がソッカー部の先輩を紹介してくださり、練習に参加させていただきました。沢山の先輩方が話しかけてくださり、また練習以外での雰囲気も本当に明るく、私の心はソッカー部入部ですっかり決まりました。

大学入学後、もう一度しっかり考えようと沢山のサークルの説明を聞きました。体育会に入るのは覚悟が必要だと思いましたし、後悔する判断をしたくなかったからです。それでも気持ちは変わることなく、ソッカー部の一員になりました。サッカー経験豊富な仲間とは大きな差がありますが、入部を決意した時の気持ちを忘れることなく、練習に励んでいきたいと思います。またサッカーだけでなく、慶應生として学問との両立も大切だと考えています。精一杯努力していきますので、今後とも変わらぬご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ